2013年 08月 15日
大原美術館
岡山県倉敷市の近代建築その17

倉敷の観光名所、倉敷川に面した美観地区の一角に、一際目を惹く洋風建造物が建てられています。
この大原美術館は日本最初の本格的な私設美術館として昭和5年に建てられました。
施主:大原孫三郎、設計:薬師寺主計、施工:藤木工務店。
大正期から昭和初期に掛けて倉敷に数多くの近代建築を残したこの三者を代表する建物です。
f0116479_20295329.jpg

美観地区のほぼ中央、石橋を渡った先にギリシア・ローマの神殿建築を模した建物が聳えます。
鉄筋コンクリート2階建。石造に見える外観の殆どはセメントを使った人造石仕上げです。
f0116479_20301694.jpg

f0116479_20303640.jpg

f0116479_2031399.jpg

f0116479_20312431.jpg

f0116479_2031119.jpg

正面側の見上げ。中央2本にイオニア式のオーダー柱、その上に三角ペディメントを構えます。
当時の内外の美術館や博物館等文化施設の多くに採用されたアメリカンルネッサンス様式(ボザール様式)で建てられています。
f0116479_20334811.jpg
f0116479_20333720.jpg
f0116479_20325437.jpg
f0116479_20324396.jpg

f0116479_20351559.jpg
f0116479_20345918.jpg
f0116479_20342787.jpg

正面入口の眺め。列柱が並ぶ中央に小さな入口を構えます。
f0116479_2036215.jpg

f0116479_2058420.jpg

f0116479_20562842.jpg

f0116479_21344335.jpg

岡山出身の洋画家で大原孫三郎と親交の深かった小島虎次郎のコレクションを収蔵・展示する美術館として建てられました。西洋美術館として日本で最古、私立美術館としても戦前唯一の建物でした。
f0116479_20353414.jpg

f0116479_20515449.jpg
f0116479_20371177.jpg
f0116479_20364862.jpg
f0116479_20481772.jpg

f0116479_20482828.jpg

f0116479_20483862.jpg

日本の私立美術館の嚆矢として知られる美術館に相応しい優美な姿を湛えます。
多くの近代建築が並ぶ美観地区の中核を成す建物として欠かせない建物となっています。
f0116479_20434737.jpg


by sunshine-works | 2013-08-15 23:43 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/20205538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< みなと湯      永楽館 >>