2013年 06月 10日
玉島信用金庫玉島西支店(旧安田銀行玉島支店)
岡山県倉敷市の近代建築その16

前回は玉島の古い町並みに建つ旧銀行店舗を紹介しましたが、そこから小さな川を渡った先の通りにも大正期に建てられた銀行店舗が現存します。地場の銀行だった旧第22国立銀行を吸収した安田銀行の玉島支店として建てられ、現在は玉島信用金庫玉島西支店として使われている現役店舗です。大正12年築。
f0116479_2125072.jpg

木造2階建、腰周りに花崗岩を積み、壁面は煉瓦タイル貼り。
小さな店舗ですが、当時流行のセセッション様式を取り入れたモダンな建物です。
f0116479_2132921.jpg

f0116479_2163578.jpg

f0116479_2135882.jpg

f0116479_2165482.jpg

f0116479_2144063.jpg

築後90年を経て現役の店舗。窓枠がサッシに変えられていますが、その他はほぼ当時の状態を保ちます。
県内に現存する戦前築の現役店舗は他に中国銀行倉敷支店出張所を数えるのみとなります。
f0116479_2172613.jpg

f0116479_2151738.jpg

f0116479_2154267.jpg

パラペット中央に立ち上がる小さなペディメント。全体的に意匠表現は控えめです。
f0116479_218594.jpg

f0116479_15153188.jpg

高梁川河口に栄えた港町玉島は、明治以降も交易の要衝として発展を遂げ、この銀行店舗が建てられた当時に最盛期を迎えます。
現在は往時の賑わいも薄れ人通りも疎らな裏通りとなってしまいましたが、旧市街の一角に残るこの建物は玉島の歴史を伝える遺構の一つとして貴重なものとなっています。
f0116479_2110169.jpg


by sunshine-works | 2013-06-10 22:22 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/19774094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 呼松郵便局      旧玉島信用組合事務所 >>