2013年 05月 30日
坂口合名ビル
鳥取県米子市の近代建築その5

米子の中心街の裏手、古い町並みが続く一角に2階建て石造の洋風建築が建っています。
この建物は米子を基盤とした地方財閥坂口家の中核会社の建物として昭和6年に建てられました。
f0116479_23504551.jpg

江戸時代に米子で木綿商を営んでいた坂口家は、明治期になると醤油醸造や製糸業、石油卸、林業等の多角化を図り、やがて銀行経営や電力事業、倉庫海運までを手掛ける地方財閥に成長します。
後身の坂口合名会社に引き継がれて今尚現存するこの建物は、近代の米子発展の基となった旧坂口商店本社として建てられたものです。
f0116479_2352699.jpg

f0116479_2353629.jpg

f0116479_23514319.jpg

f0116479_23524620.jpg

f0116479_23533751.jpg

主要な通りから一段奥まった狭い街路に面します。
隆盛を誇った坂口財閥のヘッドオフィスが建てられた場所ですが、現在は人通りも少なくひっそりとした一角となっています。
元々この一帯は坂口家の本家が置かれていた場所で、この建物も坂口家の敷地の一角に建てられていました。
f0116479_005448.jpg

f0116479_2354398.jpg

f0116479_23555124.jpg
f0116479_2355266.jpg

正面にジャイアントオーダー風の付柱を飾る石張りの重厚な建物。当時の銀行建物に類した意匠です。
f0116479_23594127.jpg

f0116479_23564216.jpg

f0116479_23562593.jpg
f0116479_23561863.jpg

f0116479_23561194.jpg

f0116479_024769.jpg

米子に残る近代建築の中で、竣工以来現在まで同一用途で使われている数少ない建物です。
近代の米子が商業都市として発展する基礎を築いた坂口財閥の隆盛を伝える遺構として貴重なものとなっています。
f0116479_013960.jpg


by sunshine-works | 2013-05-30 23:58 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/19634890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧玉島信用組合事務所      専門大店ビル >>