2013年 05月 25日
専門大店ビル
鳥取県米子市の近代建築その4

米子駅の北西、商店や事業所が並ぶ一角に大正期に建てられた商業ビルが現存しています。
事務所ビルとして米子で最も古い歴史を持つこの建物は大正13年頃の築とされています。
f0116479_018187.jpg

角地に建てられた鉄筋コンクリート3階建。地方都市には珍しいネオルネサンス様式で建てられています。
f0116479_0192214.jpg

アールを描くコーナー中央に玄関を設け、入口扉周囲をアーチ型で囲みます。
バランス良く配された縦長窓、明確なコーニス、コーナー頂部に立ち上がる破風、軒下に並ぶディンティル、上下の窓間を飾る枠型、3階壁面の四方に張られた菱形のオーナメント等々、当時東京や大阪に建てられた近代ビルディングに引けを取らない優れた意匠表現が見て取れます。
f0116479_0512851.jpg

f0116479_0521557.jpg

f0116479_05240100.jpg

f0116479_0532176.jpg
f0116479_0531086.jpg

窓枠や扉が取り替えられている以外は概ね当時のまま。90年前の状態が保たれています。
f0116479_0534723.jpg

f0116479_054528.jpg

f0116479_0545264.jpg

f0116479_0551276.jpg

3階建ての小さなビルですが周囲の建物の中でも抽んでた存在感があり、見た目は相当大きく写ります。
f0116479_0553243.jpg

f0116479_056181.jpg
f0116479_0555099.jpg

大正期に建てられた商業ビルが今も現役で使われている事例は、東京や京阪神でも僅かなものしかありません。
今尚現役のこの建物は、当時の米子の繁栄を今に伝えます。
f0116479_0542599.jpg


by sunshine-works | 2013-05-25 23:12 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/19545873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 坂口合名ビル      旧味野郵便局 >>