2013年 04月 25日
山陰本線御来屋駅
鳥取の鉄道遺産

京都から山口県下関を結ぶ山陰本線の全通は昭和8年。在来線としては日本最長の規模となる同線ですが、他の幹線と比べると長い期間を経て一本のレールで結ばれています。
この山陰本線は当初から現在の区間で計画されたものではなく、単独の路線として開設された複数の線区が母体となり、それぞれが延伸を重ねた末に繋がれたものでした。
これら母体となった幾つかの区間の中で、京都府内区間に次いで古い歴史を持つのが境港から御来屋を結んだ鳥取県西部の路線となりますが、この区間が開通した際の終点駅となった御来屋駅には開業時に建てられた駅舎本屋が現存しています。
明治35年竣工のこの駅舎は山陰最古の駅舎とされています。
f0116479_22595298.jpg

木造平屋、下見板張り。壁面上部は漆喰仕上げ。中央やや右手に入口を設け、三角破風を持つ庇を突き出します。明治期の地方駅舎の典型的な造りですが、この後に建てられた山陰本線の駅舎にも同様な意匠が受け継がれます。
f0116479_22475379.jpg

入口を抜けた先の小さな待合室。ベンチが置かれている以外には殆ど何もありません。
f0116479_2374710.jpg

f0116479_238454.jpg

f0116479_23103191.jpg
f0116479_1444552.jpg

開設時から使い続けた窓口周り。委託駅となった今も当時の姿を留めます。
f0116479_239468.jpg

f0116479_2382551.jpg

現在は使われていない小荷物の運賃表が飾られています。
f0116479_2392126.jpg

待合室からホームへ進みます。
f0116479_2311405.jpg

f0116479_1403266.jpg

f0116479_1423257.jpg

ホームは2面3線。駅の規模に比べると余裕を持たせた配置です。
f0116479_23125355.jpg

f0116479_2313932.jpg
f0116479_1413550.jpg
f0116479_23123270.jpg

跨線橋を渡った反対側ホームからの眺め。ホームの待合室には古い貨車が使われています。
f0116479_1471211.jpg

f0116479_1473099.jpg

f0116479_148366.jpg

開業時の面影を留める駅舎上屋。
f0116479_1493228.jpg

f0116479_1484426.jpg

f0116479_149373.jpg

山陰地方で最初の鉄道路線となったこの区間はその後東西に延伸され、約10年を経て鳥取県内の全区間が開通します。
開業後110年を越えて今尚現役の御来屋駅舎は、黎明期の山陰の鉄道駅の姿を伝える貴重な遺構となります。
f0116479_1494842.jpg


by sunshine-works | 2013-04-25 22:59 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/19268700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 山陰本線下市川橋梁・名和川橋梁      山陽本線金光駅 >>