2013年 04月 20日
山陽本線金光駅
備中の鉄道遺産その11

前回紹介した八鹿駅の跨線橋は明治末期から大正中期にかけて全国の鉄道駅に設置された鉄道院規格のものですが、多くの鉄道遺産が残る岡山県にもこれと同種の跨線橋が2例現存します。
今回はそのうちの一例、金光駅に残る大正期の跨線橋を紹介します。
f0116479_2235135.jpg

山陽本線金光駅は明治34年に前身の山陽鉄道の駅として開業。当初は金神駅の名称でしたが、金光教の本拠に因んで後年に金光駅に改称されます。
駅舎本屋は改装が加えられていますが、基本構造は開業当初のまま。建物財産標も開業年度と同年の表記です。
f0116479_2235438.jpg

金光駅の跨線橋は大正4年製、製造元は横川橋梁製作所。
この跨線橋も八鹿駅柏原駅とほぼ同じ仕様、門柱や支持架の形状は全く同じ様に見えます。全国に残る鉄道院時代の跨線橋はどれも共通の規格で造られていたようです。
f0116479_2237221.jpg

f0116479_22372263.jpg

f0116479_22362268.jpg

f0116479_2238756.jpg

f0116479_22384692.jpg

f0116479_22382812.jpg

f0116479_22391098.jpg

f0116479_22394889.jpg

各地に残る鉄道院の跨線橋の多くは他所で不要となったものを移築していますがこの金光駅にはそのような記録が無く、もともとこの駅に設置されていたもののようです。
f0116479_22404458.jpg

f0116479_22412093.jpg

f0116479_22421490.jpg

f0116479_22415774.jpg

f0116479_22425185.jpg

f0116479_2243989.jpg

f0116479_22503783.jpg

f0116479_22491870.jpg

3面あるホームのうち鋳鉄製の跨線橋が残るのは1番線と2・3番線の2面。
金光教の行事の時だけ使用される4番線は後年の増築です。
f0116479_22393270.jpg

f0116479_22364549.jpg

跨線橋の他にもう一つの鉄道遺産として伝わるのが古レールを再利用した上屋支柱。
使われているレールは多様で、明治階から昭和前期に輸入されたヨーロッパやアメリカ製のレールの他に八幡製鉄製の国産レールが確認されます。
f0116479_22532734.jpg

f0116479_22531848.jpg

f0116479_22543159.jpg

f0116479_22511719.jpg

2.3番線ホームの上屋支柱には明治期に少数が輸入された双頭レールが使われています。
f0116479_22525322.jpg

f0116479_22521894.jpg

ローカル線区の因美線や津山線に比べると主要幹線の山陽本線は改修が頻繁に行われ、多くの駅が高架駅に建て直されました。
今日県内の山陽本線で古い鉄道施設が残るのは県の東西の数駅に過ぎませんが、その中でもこの金光駅は貴重な遺構が数多く、古き時代の山陽本線駅舎の姿を今に伝えています。
f0116479_22535321.jpg


by sunshine-works | 2013-04-20 23:58 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/19240124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 山陰本線御来屋駅      山陰本線八鹿駅 >>