2013年 03月 27日
旧山陰電気米子変電所
鳥取県米子市の近代建築その3

米子駅の北東、住宅や個人商店が並ぶ一角にかつての変電所が残されています。
現在は改装されて共同住宅として使われているこの建物は、旧山陰電気の変電施設として建てられました。
f0116479_07899.jpg

米子とその周辺を配電地域とする山陰電気の設立は明治40年。明治42年に日野川水系の旭水力発電所が送電を開始し、米子に最初の電灯を灯します。
県西部の拠点都市として発展を続ける米子市の電力需要はその後も拡大の一途を辿り、山陰電気は日野川水系に発電所を増設、米子市内にも鳥取最初の火力発電所を開設するなどしてこれに対応し、大正期には市街地の殆どが電化されていきます。
大正7年に建てられたこの旧米子変電所は、米子が近代都市として変貌していく過程を支える重要な役割を果たしました。
f0116479_085418.jpg

東の妻面に設けられた入口。
玄関扉は取り替えられていますが、入口周りは当時の姿で残ります。
f0116479_0101492.jpg
f0116479_011957.jpg
f0116479_0105532.jpg

f0116479_0114536.jpg
f0116479_0113213.jpg

f0116479_0552144.jpg

居住施設では無いこの種の建物の窓の大きさや数は必要最低限とされるのが通例ですが、この建物は一般の住居と同等な窓を設けています。
変電所時代の古い写真を見ても今と変わらぬ窓配置となっており、後年の改築では無いようです。
市街地に建てられる事を踏まえて設計上の配慮が為されたとも思えます。
f0116479_091023.jpg

f0116479_08181.jpg

f0116479_111251.jpg

f0116479_0125685.jpg
f0116479_0124048.jpg
f0116479_0122963.jpg
f0116479_0121016.jpg

街中に残された古い電力施設が店舗や飲食店に転用される事例は数多くありますが、このように住居として使われている例は現在では珍しいものです。
用途を変えて伝わるこの旧変電所は、鳥取県では数少ない煉瓦建物の現存例としても貴重な歴史遺産となっています。
f0116479_0554121.jpg


by sunshine-works | 2013-03-27 23:58 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/18967474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 安土城 at 2013-03-30 23:22 x
米子発電所素晴らしいですね。住宅に偏りのある格好の自分でも感動します。煉瓦の質感と美術的な微妙な調子、窓のアールと周りの色の変化、最高です。こういう建物にこれだけ凝った趣向をとりいれるのは施主設計の余裕ですね。そして相変わらず撮り方が秀逸、迫力があり脱帽です。私は貴殿の撮影したジェームス邸が見たいです。
Commented by sunshine-works at 2013-04-02 22:17
街外れにこのような煉瓦の電力施設が残っている例はありますが、中心市街に現存し、さらに住居として使われているのは極めて珍しいと思います。
ちなみに最近結構式場となったジェームズ邸にはまだ行けていません。公開イベントがあれば是非掲載したいと思いますのでお待ちください。


<< 旧三縄水力発電所      米子市水道記念館 >>