2013年 03月 07日
霞橋
岡山県倉敷市の近代建築その11

水源の鳥取県境から南流を続けた高梁川は、倉敷市西部で水島灘へ注ぎます。
この河口近くに7つのトラスが連なる美しい橋が架けられています。
現在は人道橋として使われているこの橋は、増田淳の設計により昭和3年に架けられました。
f0116479_145326100.jpg

高梁川河口まで約4キロの地点、600メートルを超える広い川幅を渡ります。
中央に7つの曲弦トラスが7連、その前後にプレートガーダーが繋げられ、橋全体の長さは616メートル。
岡山県内に現存する戦前築の道路橋としては最長のもの、昭和9年の室戸台風の災禍を免れた鋼橋としても数少ない現存例です。
f0116479_1456479.jpg

f0116479_14564788.jpg

f0116479_14581083.jpg

f0116479_1458479.jpg

f0116479_1555942.jpg

下流側に昭和43年に架けられた新橋が並びます。その後暫くは新旧の霞橋が道路橋として併用されますが、昭和60年からは人道橋として利用されています。
f0116479_1551976.jpg

桁の基部に貼られた銘板。製造元は「日本橋梁・大阪」と確認出来ます。
f0116479_15192330.jpg

橋上の様子。東詰めから西へ進みます。
f0116479_1575835.jpg

f0116479_15105818.jpg

f0116479_15103086.jpg

f0116479_15573987.jpg

狭い間隔でぎっしり並ぶ鉄骨。びっしり打たれたリベット。現在の橋には無い無骨な趣です。
f0116479_15481943.jpg

f0116479_15144317.jpg

f0116479_15522215.jpg

f0116479_15162753.jpg

f0116479_15165035.jpg

f0116479_15543677.jpg

f0116479_1517159.jpg

設計者の増田淳は、アメリカから帰国した後の僅か十余年の間に50以上の橋梁設計を手掛けます。
中でもこの橋が架けられた昭和3年前後は白髭橋や吉野川橋、三好橋、千住大橋等の大規模橋梁を相次いで竣工させており、最も多忙を極めた時期だったようです。
氏の円熟期の作の一つとして残るこの霞橋はその美しい姿を今も川面に映しています。
f0116479_15173252.jpg


by sunshine-works | 2013-03-07 18:15 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/18728328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mathitomi at 2013-03-07 21:05
リベット打ちの橋、趣がありますよね。
この時代はリベット職人なんていたらしいのですが、このような光景を見ると職人の作業が目に浮かぶようです。
Commented by sunshine-works at 2013-03-08 19:03
mathitomiさん こんばんは。
リベット職人のエピソードとして良く知られているのは、灼熱したリベットを絶妙のコントロールで投げ渡していたとの逸話です。この橋の工事でもこのような作業が行われていたのでしょうね。


<< 旧日野橋      羽淵鋳鉄橋・神子畑鋳鉄橋 >>