2013年 02月 23日
山陰本線鳥取県内区間の橋梁
鳥取の鉄道遺産


前回は山陰本線鳥取県内区間の木造駅舎を紹介しましたが、開業100年を超えるこの区間には他にも貴重な鉄道遺産が残ります。
鳥取以西の区間は本線とは言うものの運行本数も少なく、また未だに非電化・単線のままで置かれており、この為現在も多くの橋梁が古い規格のまま使われています。
今回は鳥取から下市までの区間に残るこれら古い鉄道橋梁を紹介します。
f0116479_165630100.jpg

鳥取市の西部、青谷駅西に位置する勝部川橋梁。
橋梁と名がありますが、実際には畑の中に半ば埋もれた状態で置かれています。この東側に新勝部川橋梁が架けられている事から、河川の付け替えで流路が変わって橋だけが残されたものと思われます。
f0116479_16575665.jpg

f0116479_16585388.jpg

f0116479_1715298.jpg

土に埋もれていますが、よく見ると橋脚は切石が詰まれています。コンクリートの傘石が乗せられている形状から、大正期から昭和初期に設置されたもののようです。
f0116479_16592511.jpg

f0116479_1701911.jpg

f0116479_16595618.jpg

橋台にも同様の切石が確認出来ます。
f0116479_1705125.jpg

f0116479_1711352.jpg


線路は日本海沿いの狭い平地と丘陵の境を幾つものトンネルで抜け、平坦部では築堤上を進みます。
このような箇所には道路や水路を通す拱渠と呼ばれるトンネルを設けますが、泊駅西に残るこの煉瓦拱渠は相当に古く、明治の開業時のもののようです。
f0116479_1732331.jpg

f0116479_173347.jpg

f0116479_1752595.jpg

草に覆われていますが、近寄って見ると入口周りには4重の煉瓦アーチが巻かれています。
f0116479_1751023.jpg

f0116479_17111399.jpg

f0116479_1755698.jpg

煉瓦を用いた入口周りと対照的な内部。岩肌にセメントらしきものを塗布しただけの簡単な仕上げです。
f0116479_17113143.jpg


由良~浦安間で加勢蛇川を渡りますが、現在の加勢蛇川橋梁の傍には旧橋で使われていた煉瓦橋台が残されています。開業時の橋脚にはこのような煉瓦構造物が多く使われていたと思われます。
f0116479_17123965.jpg

f0116479_17125216.jpg

f0116479_17131043.jpg

f0116479_17131931.jpg


浦安~八橋間の洗川橋梁。昭和10年架橋。
f0116479_17142986.jpg

f0116479_17144846.jpg

f0116479_17152554.jpg


下市~中山口間の甲川橋梁。開業時に設置された石積橋脚が残ります。
f0116479_17162120.jpg

f0116479_17163371.jpg

f0116479_17172456.jpg

f0116479_17165146.jpg

f0116479_17175340.jpg

f0116479_17184385.jpg


by sunshine-works | 2013-02-23 21:32 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/18682987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 土讃線伊豫川橋梁      山陰本線鳥取県内区間の木造駅舎 >>