2012年 11月 26日
旧倉吉町水源地ポンプ室
鳥取県倉吉市の近代建築その3

倉吉の中心部から南西方向、静かな住宅街の外れに、旧倉吉町営水道の創設期に設置された施設が残されています。昭和7年築。
水源地から水を汲み上げる取水ポンプ室として平成2年まで使用されました。
f0116479_21445638.jpg

明治20年に日本で初めての近代水道が横浜に敷かれて以降、全国の主要都市に次々と水道が敷かれていきます。
大都市や条約によって開港した港湾都市を皮切りに、その後は各県の県庁所在地へと波及し、大正末年には全国の水道事業者は約100箇所を数える事となります。
昭和に入るとその流れは中小都市にも及び、昭和10年代にはその数は3倍に増大して行きます。
鳥取県の近代水道の歴史も、県都鳥取市が大正4年と最も早く、次いで米子町が大正14年。
県内3番目となる倉吉町の創設時の施設として現存するのが、このポンプ室となります。
f0116479_21262353.jpg

鉄筋コンクリート造平屋建、切妻屋根にスレート瓦葺。
腰周りはルスティカ積の石組、中央の玄関上部に三角破風を立上げ、その両側にパラペットを巡らせます。
その他にも玄関2階に設けたバルコニーやその上に飾られる石額、ファンライトを添えた各面のアーチ窓等々、豊かな装飾表現が随所に見られます。
f0116479_21382226.jpg

f0116479_21352687.jpg

正面に掲げられた扁額。記されている「萬斛泉」とは、この水源地のある余戸谷に湧く泉の名称(尽きる事のない泉との意味です)で、古来より名水として知られていました。
f0116479_21373470.jpg

f0116479_2136635.jpg

f0116479_21362898.jpg

敷地を仕切る門扉・外壁・鉄柵。
当時の姿そのままで残されています。
f0116479_21392532.jpg

f0116479_21391425.jpg

f0116479_2138018.jpg

土手に面した裏側の景色です。
f0116479_21405030.jpg

f0116479_2141358.jpg
f0116479_214359.jpg
f0116479_2142461.jpg
f0116479_21423853.jpg
f0116479_21421321.jpg

鳥取で3番目の近代水道が敷かれた当時の倉吉町の人口は1万人に満たない数でした。
すでに水道が敷かれていた他の2都市に比べると遥に小さな自治体でしたが、この建物は県央の中心都市として栄えた倉吉の威信を示す、優れた近代土木遺産として伝わります。
f0116479_21384527.jpg


by sunshine-works | 2012-11-26 22:26 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/18203177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うずらまん at 2012-11-27 16:54 x
▼我が家の近所(大阪府枚方市枚方上之町)にもこれをもう少し小規模にしたような建物があります。同様の水道施設です。
Commented by sunshine-works at 2012-11-29 20:51
うずらまん 様 はじめまして。
古い時代の水道施設が残されている例は結構あります。
各自治体が近代化の証として設置した施設とあって、どれも豊かな意匠表現が為されたものと思います。
枚方の物件については知りませんでした。早速調べてみます。


<< 旧生野鉱山外国人技師住宅2番館...      鍋島灯台 >>