2012年 09月 07日
旧生野警察署
朝来の近代建築その1


鉱山町の面影を残す生野の町並みに、古い木造の洋風建築が残されています。
現在公民館として使われているこの建物は、旧生野警察署として明治19年に建てられました。
f0116479_13341727.jpg

木造平屋建、下見板貼り。正面中央に車寄せを設け、庇に三角破風を飾ります。
幾層にも重なる蛇腹、軒や合掌部分に施された浮き彫り、庇を支える古代ギリシア風の木柱、上げ下げ式窓を囲むモール等々、小さな建物の中に洋風技法が濃密に表現されています。
f0116479_13344528.jpg

f0116479_13355722.jpg

f0116479_13353351.jpg

f0116479_13362879.jpg

f0116479_13363840.jpg

f0116479_13391598.jpg

この建物は地元の棟梁が西洋建築を模倣して手掛けた、いわゆる「儀洋風建築」になります。
生野には明治の早い時期から外国人鉱山技師が数多く招かれており、技師達の住居や鉱山施設の施工に携わった大工がこのような技術を習得していったものと思われます。
f0116479_1337940.jpg

f0116479_13374840.jpg

f0116479_13372724.jpg

f0116479_1342725.jpg

小さな建物ですが、中央入口の両脇にもそれぞれ入口が設けられています。
主入口と通用口と思われますが、左右の入口は部屋から直接出入する為の物なのでしょう。
f0116479_1341173.jpg

f0116479_13384476.jpg

f0116479_13413181.jpg

f0116479_13414732.jpg

建物左脇に小部屋を張り出します。後年の増築とも思われますが、ここにも扉が設けられています。
f0116479_13471848.jpg

明治19年の築となるこの建物は、兵庫県内に現存する木造洋風建築の中でも最古級の一つとなります。
神戸や阪神間から遠く離れたこの場所に、名もない棟梁達によって建てられたこの庁舎は当時の生野の先進性を示す優れた歴史遺産として貴重な資料です。
f0116479_13481497.jpg


by sunshine-works | 2012-09-07 19:58 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/17943015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 太郎 at 2012-09-08 16:52 x
小さな警察署ですね!
左右対称なデザインが
威厳のある雰囲気です。
120年以上前の擬洋風建築・・・
いい状態で残っていますね!
Commented by sunshine-works at 2012-09-12 12:20
太郎さん、こんにちは。
規模は小さいですが、存在感のあるいかにも警察署らしい建物です。
当時の警察署に対する考え方が良く現れていると思います。


<< 高梁川東西用水組合事務所      旧篠山地方裁判所 >>