2012年 08月 29日
旧智頭小学校板井原分校
鳥取県智頭町の近代建築その7

智頭町中心部から北東方向、赤波川に沿った細い山道を進んで程なく、小さな集落に行き着きます。
平家の落人伝説が伝わるこの智頭町板井原地区には江戸期から昭和中期までに建てられた古い民家が幾つも残されており、古き時代の山村集落の姿を留める貴重な文化遺産として知られます。
この集落の中央部、向山神社の隣に1棟の小さな木造建物が建っています。この建物は、旧智頭小学校板井原分校の校舎として半世紀に亘って使われていました。築年については諸説ありますが、昭和初期のものと思われます。
f0116479_15131447.jpg

林業や養蚕業が栄え、かつては100棟以上の建物が並んだこの集落も、産業の衰退と交通網の発達によって昭和後期から急速に過疎化が進行し、現在は高齢者を主とした20人程にまで人口が減少しています。
唯一置かれていたこの分校も生徒数の減少により今から20年程前に廃止され、その後は地区の公民館として今日まで使われています。
f0116479_15341828.jpg

f0116479_15135589.jpg
f0116479_2221425.jpg

木造2階建て、下見板貼り。上部を漆喰壁で仕上げ、切妻屋根には鉄板瓦を葺きます。
簡素・素朴な建物で、装飾表現らしきものは殆どありません。大きな引戸が並び、軒が張り出す正面側の意匠は一見すると民家や商家のような印象を受けます。
f0116479_1514338.jpg

礎石を積んだ一段高い基礎の上に、斜面を背負う形で建てられています。
西の側面に小さな入口を設け、片廊下の南面に教室を配置。東側面の張出部に手洗いを構えます。
f0116479_21473100.jpg

f0116479_1533554.jpg

f0116479_15351128.jpg

下見板の壁面。南面に引戸が並びます。文化遺産オンラインに拠ると、「広く間口を開放できる構造とし,舞台を兼用している」とありますので、公民館になった後の改修とも思えます。
f0116479_15355845.jpg

f0116479_15361030.jpg

冬季には豪雪に埋もれ、近年まで自動車の乗り入れも叶わなかった秘境とも言えるこの板井原は、村落全体が古き時代の山村集落の姿を留める貴重な歴史遺産となっています。
この集落の中心部に位置する旧分校の校舎は、地域の景観に資する需要な建物として有形登録文化財に認定されています。
f0116479_15364471.jpg


by sunshine-works | 2012-08-29 22:11 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/17913333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧篠山地方裁判所      旧坂出高等商業学校本館 >>