2012年 04月 30日
五臓円ビル
鳥取県鳥取市の近代建築その2

鳥取市の中心部、智頭街道に沿った旧市街の一角にスクラッチタイル貼りの商業ビルが建っています。当地で古くから営む薬局店舗の建物として昭和6年に建てられました。
f0116479_14333120.jpg

鉄筋コンクリート3階建て、外壁にスクラッチタイルを貼り、建物角にアールが付けられます。
コーニスや繰形が廻らされた壁面に縦長窓を並べ、屋上の北東角にはパラペットを立ち上げます。小規模な建物ながら手の込んだ造りです。
前回紹介した坂出の角本金栄堂と建てられた時代も近く、同時代の洋風商業建築に共通する意匠表現が見て取れます。
f0116479_14343799.jpg

f0116479_14351499.jpg

規則的に並ぶ縦長窓。2階と3階で高さが変えられています。
f0116479_14355954.jpg

f0116479_14361870.jpg

f0116479_1437543.jpg

f0116479_14372598.jpg

1階部分を端から順に見ていきます。まずは南東側から。
f0116479_15164888.jpg

f0116479_1452461.jpg

f0116479_1658302.jpg

f0116479_16571175.jpg

f0116479_14431329.jpg

角を周って北面を眺めます。
f0116479_1517438.jpg

f0116479_145407.jpg
f0116479_1453436.jpg

f0116479_14532391.jpg

f0116479_14543152.jpg

外壁のクローズアップ
f0116479_16554535.jpg

f0116479_1445563.jpg

f0116479_1445209.jpg

現在の建物3階には喫茶店が設けられており、館内には自由に入れます。
薬局店舗として建てられた当時も最上階にレストランが設けられていました。
モダンなビルと当時まだ珍しかった西洋料理店やカフェの取り合わせは鳥取のハイカラスポットとなっていた事でしょう。
f0116479_15481554.jpg

f0116479_15484590.jpg

f0116479_15485488.jpg

f0116479_1549990.jpg

f0116479_1550165.jpg

f0116479_15503781.jpg

f0116479_15505281.jpg

鳥取の中心街は戦後の大火で古くからの建物の殆どが失われてしまいました。
奇跡的に焼け残ったこのビルは、唯一残る戦前の商業建造物として当時の姿を伝えます。
f0116479_1629540.jpg


by sunshine-works | 2012-04-30 17:11 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/17485993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 池本 at 2012-05-01 23:00 x
坂出の角本金栄堂は、角のアールが洒落ていて、折角興味深い物件であるにも関わらず、アーケードに邪魔をされて全体を眺められないのが残念だなぁと思っていたら…今回の更新で、それとほぼ同時代・同スタイルの物件を拝む事が出来るとは!(もしかして更新の順番はその辺を考慮してますか?)。

鳥取のこの五臓円ビルは、後で塗り替えられた(?)ピンクが印象的ですね。ピンクって結構奇抜だと思うんですが、色味が淡いので不思議と調和しているのが面白いです。下手をすると台無しになってたと思うので、「強気だなぁ」と思ったりして(笑)
Commented by sunshine-works at 2012-05-03 17:33
池本さん こんにちは。
戦前に建てられたビルで、外壁にピンク色が使われている例は結構あるようです。ガラス壁やカーテンウォールが主流の今日のビルよりも、建物に使われる色合いはむしろカラフルだったのかも知れませんね。
更新の順番については大まかなテーマを設けて繋いでいっています。5月はまた別のジャンルでお送りする予定です。
Commented by 池本 at 2012-05-04 22:16 x
なるほど。木造建築は別として、ビル建築の場合は落ち着いた配色が基本なんだろうと勝手に思ってましたが…戦前はカラフルな色使いの例も結構あったんですか。ピンク色の外壁なんてかなりハイカラですよね。街の様子は随分違っていたのかも知れないと思うと面白いです。勉強になりました。


<< 丹波の駅舎      角本金栄堂 >>