2012年 03月 25日
旧岩井尋常小学校
鳥取県岩美郡の近代建築

鳥取県東部の温泉地岩美の町角に半ば朽ちかけた古い小学校校舎が残されています。
明治25年に岩井尋常小学校として建てられたこの校舎は、鳥取県に現存する学校建築として最も古いものです。
f0116479_2535628.jpg

通りから緩やかな坂を上った先、校庭らしきものがほとんどない狭い敷地にひっそりと建っています。
f0116479_2553475.jpg

f0116479_256947.jpg

大正6年まで小学校として使われ、その後は幾度も用途を変えながら使われましたが、現在はこのように荒れ果てた状態で残されています。用途に応じて都度改装が行われたと思われますが、玄関廻りを始め主要な部分は竣工当時の姿を留めています。
f0116479_2572242.jpg

f0116479_2573948.jpg

小さな建物ですが、中央に張り出した玄関庇、その上に設けられたバルコニー、周囲に廻らされた軒飾り、庇の上に葺かれた大きな瓦屋根等々、見事な装飾意匠が施されています。
f0116479_355366.jpg

f0116479_361184.jpg
f0116479_362275.jpg

f0116479_3741.jpg

f0116479_373461.jpg

使われる事のない玄関扉。
空家となってから、相当な時間が経過しています。
f0116479_31272.jpg

f0116479_32172.jpg
f0116479_352617.jpg
f0116479_31496.jpg

塗装は干乾び、木部もボロボロ、傾きや歪みも目立ちます。岩美町の保護文化財となっていますが、何ら手入れされていないと思われます。このまま保存策を講じなければ、倒壊の危険すらありそうです。
f0116479_32338.jpg

f0116479_2592670.jpg
f0116479_3015100.jpg

f0116479_374957.jpg

庇を支える基礎。下草が繁茂し、柱には蔦が伝います。
f0116479_312250.jpg

f0116479_364118.jpg

地方に於ける黎明期の学校建築の秀例として、優れた歴史遺産です。
今後どのような扱いが為されるのか、何とも不安な状況ではありますが、永く残すべき価値のある建物です。
f0116479_2585820.jpg


by sunshine-works | 2012-03-25 23:55 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/17344171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧鳥取高等農業学校校舎      旧香川県尋常中学校丸亀分校本館... >>