2012年 03月 17日
旧高梁尋常高等小学校本館
岡山県高梁市の近代建築その8

高梁市の中心街の一角に高梁市郷土資料館が置かれています。この建物は旧高梁高等尋常小学校として建てられ、昭和47年まで使われていました。
明治37年築。
f0116479_131463.jpg

昭和47年に統合によって廃校となった旧高梁小学校の本館部分が残され、現在は郷土資料館として利用されています。
小学校時代は1階に職員室や控室が置かれ、2階は講堂として使われていました。
f0116479_20243323.jpg

同時期の築となる吹屋小学校と同様に明治期の学校建築らしい、威厳や風格が備わった造りです。
施工を請け負った妹尾友太郎は当地で活躍した棟梁でしたが、巧みに西洋建築の技法を学び取り、他にも多くの洋風建築を手掛けました。
f0116479_1313960.jpg

装飾要素は玄関廻りに集められています。銅板を葺いた玄関庇を大きく張り出した持送りが支え、軒下には細密に組まれた格子を廻らせます。
f0116479_1325284.jpg

f0116479_1441342.jpg

f0116479_1442819.jpg

f0116479_1355543.jpg

f0116479_1323055.jpg

f0116479_1331842.jpg

f0116479_133566.jpg

f0116479_1341377.jpg

f0116479_1351632.jpg

f0116479_1344349.jpg

花崗岩の基礎の上に腰周りを羽目板、上部に下見板貼りの外壁を重ねます。一部の窓には当時のままの手延硝子が残っています。
f0116479_1374833.jpg

f0116479_1384799.jpg

f0116479_1534040.jpg

f0116479_139511.jpg

入口扉には、玄関庇の格子模様と同じ意匠が飾られます。
f0116479_1412382.jpg

f0116479_141389.jpg

f0116479_1391897.jpg

f0116479_1401262.jpg

この扉の先は民具や郷土資料が並ぶ展示室となっていますが、残念ながら撮影禁止です。
小学校だった当時のままに仕切られた各区画は良好に姿を留め、地元産の樅の木を用いた折り上げ天井や奉安殿が残る二階講堂は、素晴らしい景観でした。
f0116479_1422142.jpg

古き木造校舎が数多く残る岡山に於いても、取分けこの校舎は明治期の学校建築の頂点とも言える意匠と技法を今に伝える貴重な文化遺産です。
教育県として知られる岡山の明治期の学校建築の好例として、永く残されていくべき建物です。
f0116479_1303444.jpg


by sunshine-works | 2012-03-17 23:30 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/17315369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧香川県尋常中学校丸亀分校本館...      布寄小学校 / 旧坂本小学校 >>