2012年 03月 01日
旧柏原尋常中学校本館
丹波の近代建築その3

丹波市の中心を為す柏原の町の起源は中世に遡り、江戸期には藩屋敷を中心とした武家町として繁栄します。明治期に入っても柏原は地域の行政や文化の中心を担い、多くの各種機関や施設が建てられていきます。
市街の東部、柏原川の畔には、明治30年に柏原尋常中学校が丹波地域で最古の高等教育機関として開校します。同校はその後県立柏原高校に引き継がれますが、この敷地の一角には開校時に建てられた旧本館の一部が記念館として残されています。
f0116479_12503921.jpg

敷地の奥手に建つこの旧本館は、昭和16年の校舎建替時に現在の場所に移築されています。移築に際しては中央入口とその両側部分のみ残され、左右に続いていた部分は省かれていますが、明治期の木造校舎の概要が良く保たれています。
f0116479_12511818.jpg

f0116479_12512918.jpg

破風に校章を飾る切妻屋根の庇を4本の円柱で支えます。木製の円柱には手の込んだ彫刻が施され、正面玄関を美しく引き立てています。
f0116479_12514480.jpg

f0116479_12524429.jpg


f0116479_12523575.jpg

f0116479_12574061.jpg

f0116479_12525687.jpg

円柱を支える基壇や建物基礎には花崗岩が使われています。
f0116479_12544515.jpg

f0116479_1253737.jpg

f0116479_1256267.jpg

f0116479_12563788.jpg

f0116479_12571134.jpg

入口両脇には鳥(鳩?)の彫物が飾られています。
f0116479_12564845.jpg

側面から裏手の様子です。
f0116479_1258433.jpg

f0116479_12581761.jpg

f0116479_12582653.jpg

古い校舎建築が各地に残る兵庫県ですが、明治期の木造校舎の現存例となるとその数は少なく、更に尋常中学校の建物としては旧豊岡中学校校舎とこの柏原中学校のみとなります。これらの現存校舎はそれぞれに装飾豊かな意匠が施され、上級学校に相応しい風格を伝えています。
f0116479_1259024.jpg


by sunshine-works | 2012-03-01 23:42 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/17254553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tajiri8jp at 2012-03-08 18:09
豊岡高校の敷地に古い洋館が残っているのは知っていましたが、柏原高校にもあったんですね。出張で近くに行くことがあればぜひ見てみようと思います。
Commented by sunshine-works at 2012-03-09 12:09
tajiri8jpさんこんにちは。
旧豊岡中学校校舎程には知られていないのですが、築年はほぼ同年代の建物です。柏原には古い建物が数多くありますので、是非お出かけになって下さい。


<< 旧氷上郡各町村立高等小学校舎(...      山陰本線陸上橋梁 >>