2012年 01月 29日
若桜橋
鳥取県八頭町の近代建築その2

鳥取から播磨へ至る因幡街道は、若桜宿を越えた先で八東川を渡ります。この地点に架けられた若桜橋は、三連アーチの美しいコンクリート橋梁として昭和9年に竣工しています。
f0116479_10193241.jpg

若桜の古い町並みを抜けた先、町の東玄関にあたる場所をこの若桜橋が渡ります。鳥取南東部の中核として栄えた若桜の町の象徴として、70年余りを過ぎた今日も竣工当時の姿を湛えています。
f0116479_10195112.jpg

f0116479_10201780.jpg

f0116479_10205449.jpg

f0116479_1021840.jpg

大正期から昭和初期にかけて各地に数多く架けられた、鉄筋コンクリート上路アーチ橋の鳥取県に於ける先駆けとなった橋です。
この橋が架けられた昭和9年当時、鉄筋コンクリート上路橋は既存の技術として珍しい物ではありませんでしたが、この様な地方町村に於いては、初めて目にする近代橋梁として人々に大きな感銘を与えるものとなりました。
f0116479_10234627.jpg

橋長83メートル、3連のアーチが連なるこの橋は、当時のコンクリートアーチ橋としては規模が大きく、豊かな装飾表現と相まって、竣工時より当地の名所となりました。*詳細資料はこちら
f0116479_10265827.jpg

f0116479_1027121.jpg

f0116479_10243319.jpg

f0116479_1025659.jpg

f0116479_10253314.jpg
f0116479_1026893.jpg

f0116479_10255584.jpg

橋上のクローズアップ。親柱や高欄は竣工当時の姿が良好に残されています。
f0116479_1032515.jpg

f0116479_10332564.jpg

f0116479_1034559.jpg

f0116479_10353296.jpg

f0116479_10362879.jpg

f0116479_10361539.jpg

f0116479_10365726.jpg

f0116479_10223971.jpg

f0116479_1021375.jpg

f0116479_10372615.jpg

f0116479_10375619.jpg

f0116479_10384148.jpg

町の成り立ちに川が密接に関わっている事例は数多くありますが、若桜も八東川と街道が交わる交通の要衝として栄えた町でした。
竣工以来70年以上を経た今も、街道の要として重要な役割を果たすこの若桜橋は、川と共に栄えた若桜の町のランドマークに相応しい存在感を示しています。
f0116479_10294232.jpg


by sunshine-works | 2012-01-29 18:54 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/17126699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧鐘ヶ坂隧道      三架橋 >>