2011年 12月 17日
旧粟島航海学校校舎
香川県三豊市の近代建築その2

三豊市詫間から連絡船で15分程の沖合いにスクリューの形をした小さな島があります。
この粟島は江戸期より海運の島として栄え、明治に入るとその伝統を受け継ぐ形で海員学校が置かれました。
海員学校は幾度か変遷を経た末に昭和62年に廃校となりますが、敷地はリゾート施設に転用され、大正9 年に建てられた本館と教室棟の一部が残されています。
f0116479_2247406.jpg

この校舎は県立粟島航海学校時代の大正9年に建てられました。
煉瓦の基礎に下見板張の外壁が組まれ、壁面に大きなガラス窓が並びます。1階と2階は明確に軒蛇腹で区切られ、屋根は和風の桟瓦が葺かれます。
様式美と機能美を備えたこの時代の学校建築らしい重厚な意匠です。
f0116479_22511922.jpg

f0116479_22505724.jpg

f0116479_22514113.jpg

f0116479_2252672.jpg

正面玄関の詳細。
f0116479_22552674.jpg

f0116479_22555975.jpg

f0116479_22584255.jpg

f0116479_22563593.jpg

f0116479_225722.jpg

f0116479_22574993.jpg

本館の裏面です。
f0116479_23365298.jpg

f0116479_23372156.jpg

f0116479_23374174.jpg

f0116479_2338070.jpg

f0116479_23391431.jpg

f0116479_23385360.jpg

f0116479_2339325.jpg

f0116479_23395483.jpg

館内は見学自由。この入口から館内へ入ります。
f0116479_2311617.jpg

f0116479_2323244.jpg

時間が止まったような校内廊下。懐かしい木造校舎の雰囲気を今に伝えます。
f0116479_2313641.jpg

f0116479_23354.jpg

f0116479_2332912.jpg

f0116479_234649.jpg

f0116479_2343695.jpg

廊下は更に奥へと続いてその先の教室へ繋がります。
f0116479_2351757.jpg

f0116479_2365033.jpg

教室内部です。大きな窓ごしに美しい海の景色を望みます。
f0116479_2384795.jpg

北側の窓から中庭越しに本館を見据えます。
f0116479_23104536.jpg

この階段から2階へ。
f0116479_23114620.jpg

f0116479_23122458.jpg

f0116479_23125253.jpg

本館2階の講堂。
f0116479_23134968.jpg

f0116479_23133138.jpg

f0116479_23141253.jpg

f0116479_23144560.jpg

庭園として整えられた中庭。当時の生徒達が設えたものです。
f0116479_23171692.jpg

f0116479_23173780.jpg

f0116479_23182664.jpg

教室棟の側面。
f0116479_23204613.jpg

f0116479_23211194.jpg

f0116479_232012100.jpg

こちらは裏庭からの眺め。
f0116479_2323539.jpg

f0116479_23233977.jpg

f0116479_2324449.jpg

各地に設置された船員学校ですが、その後はコンテナ船への移行や外国人船員の増大によってその役割は次第に薄れて行き、半数以上が廃校となってしまいました。
往時の姿を留めるこの校舎は、日本の海運業の根底を支えた海員学校の現存例として貴重な存在となっています。
f0116479_23251446.jpg


by sunshine-works | 2011-12-17 00:59 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/16959018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧三豊郡農会農事試験所      旧丸岡呉服店 >>