2011年 12月 09日
旧新見郵便局
岡山県新見市の近代建築

高梁川に沿って連なる新見の旧市街の一角に郵便局舎として建てられた建物が残っています。現在は事務所ビルとなっているこの建物は、昭和6年に建てられ、昭和33年まで新見郵便局(上市郵便局)として使われました。
f0116479_15525354.jpg

新見駅の北側、高梁川に面した旧道に建つスクラッチタイル貼り、寄席棟造り、構造は木造モルタルと推測される2階建の建物です。そのレトロな外観は川を挟んだ対岸からも目を惹きます。
f0116479_13125570.jpg

f0116479_13144668.jpg

f0116479_1852295.jpg

f0116479_1312537.jpg

この時代、地方都市でも洋風建築の郵便局舎が数多く建てられましたが、流行の建築様式が随所に取り込まれたこの局舎は都会の建築物に劣らない凝った造りです。
f0116479_1342819.jpg

f0116479_16595811.jpg

f0116479_13422538.jpg

f0116479_13423733.jpg

f0116479_1215386.jpg

f0116479_1702958.jpg

f0116479_17173779.jpg

スクラッチタイル張りの外壁。岡山では珍しい現存例です。
f0116479_1216101.jpg

f0116479_1216332.jpg

郵便局時代の名残。何に使われていたのでしょうか。
f0116479_1217855.jpg

洋風意匠の前面とは大きく印象の異なる側面。劣化が進み、ちょっと心配な状態です。
f0116479_12239100.jpg

f0116479_12404884.jpg

f0116479_1241941.jpg

県北の交通の要衝として発展した当時の新見の様子が偲ばれる建物です。
古い郵便局舎が数多く残る岡山の中でも、この旧局舎は地方の建築技術の質の高さを示しています。
f0116479_13132884.jpg


by sunshine-works | 2011-12-09 23:22 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/16918879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧丸岡呉服店      吉備線の橋梁2 >>