2011年 11月 26日
伯備線美袋駅
備中の鉄道遺産その7

方谷駅を過ぎた後も伯備線は高梁川に沿って南へ進んでいきます。5駅先の美袋駅も開業当時の姿のまま現用施設として使われています。
f0116479_18471532.jpg

美袋駅は伯備線の岡山方区間が部分開業した際に設置された駅の一つとして大正14年に建てられました。。
木造下見板貼り・切妻屋根、正面から右に寄せて設けられた玄関等、当時の地方木造駅舎の基本型とも言える意匠が良好に保たれています。
f0116479_18481181.jpg

正面の景色。これまでに見てきた同時期の駅舎と互わぬ造りです。
f0116479_18473723.jpg

f0116479_184827100.jpg

f0116479_18492043.jpg

車寄せの庇もおなじみのスタイル。
f0116479_18512142.jpg

f0116479_1851190.jpg

f0116479_18514694.jpg

f0116479_1852678.jpg

f0116479_18522844.jpg

各駅停車のみ停車する駅ですが、待避線を備えた2面3線のホームを構えます。
f0116479_18531267.jpg

f0116479_18545159.jpg

f0116479_1854563.jpg

f0116479_18541795.jpg

f0116479_1855880.jpg

跨線橋で対向ホームへ渡ります。
f0116479_18561638.jpg

f0116479_18564483.jpg

f0116479_1857526.jpg

f0116479_18572377.jpg

f0116479_18574348.jpg

竣工当時の伯備線駅舎の姿を今に伝える美袋駅。鉄道遺産の宝庫ともいわれる岡山で3つ選定されている有形登録文化財指定駅舎の一つです。
f0116479_18575370.jpg


by sunshine-works | 2011-11-26 23:18 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/16871819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 吉備線の橋梁1      伯備線方谷駅 >>