2011年 11月 10日
姫新線岩山駅
備中の鉄道遺産その3

新見から東へ一駅、岩山駅は旧作美線が昭和4年に新見~岩山で暫定開業した際に設置されました。この岩山駅には開業当時に建てられた駅舎が当時の姿のまま残されています。
f0116479_1233385.jpg

木造下見板貼り、切妻屋根に桟瓦を葺く当時の木造駅舎の基本形。
大きな改修が行われた形跡は無く、窓も昔ながらの木枠の物が使われています。
f0116479_23131071.jpg

f0116479_23132043.jpg

f0116479_2314585.jpg

f0116479_23142477.jpg

f0116479_23152117.jpg

無人化された現在は窓口も塞がれ、待合室には時刻表以外は何もありません。
f0116479_2324937.jpg

待合室からホームへ
f0116479_23251585.jpg

f0116479_23254943.jpg

現在は1面1線のみ使われていますが、向かい側には使われなくなったホームが残されています。
f0116479_2329251.jpg

f0116479_23293178.jpg

f0116479_2330393.jpg

f0116479_23302389.jpg

f0116479_23303895.jpg

f0116479_23305988.jpg

竣工当時の石を積み上げたホーム基礎がそのまま残されています。
f0116479_23321533.jpg

f0116479_23322919.jpg

f0116479_23324864.jpg

f0116479_0141860.jpg

f0116479_23333061.jpg


f0116479_2334343.jpg

f0116479_23341440.jpg

昭和初期に建てられた当時と殆ど変わらない外観。
岡山県内に数多く現存する木造駅舎の中でも極めて良好に竣工当時の姿を留める駅舎です。
f0116479_23371636.jpg


by sunshine-works | 2011-11-10 00:48 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/16803909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 伯備線新見~方谷間の橋梁      姫新線新見~刑部間の橋梁 >>