2011年 10月 01日
因美線那岐駅
鳥取の鉄道遺産その1

鳥取方面へ向う因美線は美作河合駅を過ぎて県境の物見峠を抜けると鳥取側の最初の駅那岐駅に差し掛かります。
山あいの小さな集落に設置されたこの駅は昭和7年の開設当時の木造駅舎が今尚使われています。
f0116479_1040648.jpg

木造下見板貼、瓦葺き屋根、駅舎の左側に役務室・右に小さな待合室が並ぶ当時の地方駅舎の典型とも言える造りです。内装、外装共に改修が施され、屋根・壁は当初の物ではありませんが、骨組みや基礎部分に開設当時の姿を留めます。
f0116479_10403273.jpg

f0116479_10404152.jpg

f0116479_10411971.jpg

入口周りの下見板。風合いから推測するとこの部分は開設時のままかもしれません。
f0116479_10451792.jpg

f0116479_10441696.jpg

f0116479_10443917.jpg

無人駅となった現在は待合室にベンチが置かれているのみ。券売機もありません。
旧役務室は診療所として利用されています。
f0116479_10473411.jpg

この階段を登ってホームへ。線路は駅舎の裏手の一段高い位置に設置されています。
f0116479_1053563.jpg

f0116479_1052968.jpg

階段には雪覆いの屋根壁が付けられ、ホーム上屋を結びます。
f0116479_1055870.jpg

f0116479_1110812.jpg

f0116479_11145981.jpg

ホームから駅舎方向の景色。
f0116479_1114712.jpg

ホーム上屋。これも昭和7年の築です。
f0116479_10544631.jpg

f0116479_1058391.jpg

f0116479_10572097.jpg

山裾の長閑なホームの風景。
f0116479_11113768.jpg

f0116479_11114963.jpg

ホームの石積みも当時のままと思われます。
f0116479_11351671.jpg

山陽に比べると山陰の鉄道近代化は緩やかで、今も大半が単線、非電化区間が占めています。それ故この因美線那岐駅を始め鳥取県内には竣工当時の姿で今尚使われている鉄道施設が数多く現存します。
鳥取の近代建築探訪の続編は美しい山々の中に点在する鳥取東南部の鉄道遺産を紹介していきます。
f0116479_11532092.jpg


by sunshine-works | 2011-10-01 20:59 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/16627550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 因美線智頭~河原間の橋梁1      三滝ダム >>