2011年 09月 27日
三滝ダム
鳥取県智頭町の近代建築その6

芦津発電所からさらに渓谷をひたすら進むと、険しい山道を越えた辺りに静かな湖面の景色が現れます。
昭和12年に完成したこの三滝ダムは、戦前に8基が築かれたバットレスダムの最後の竣工例となりました。
*詳細はこちらのサイト
f0116479_2334944.jpg

部材の節約によるコスト削減効果や重量軽減による軟弱地盤への適応力等のメリットを有しながら、結局は8基の竣工のみで終わったバットレスダムの最後の竣工例として名を残すのがこの三滝ダムです。昭和12年、このダムに併せて設置された芦津発電所へ発電用水を送る為に設置されています。
f0116479_22402387.jpg

f0116479_22391692.jpg

下流側からの眺め
f0116479_22494992.jpg

f0116479_225098.jpg

f0116479_22485869.jpg

f0116479_2248444.jpg

f0116479_22492438.jpg

f0116479_22484238.jpg

天端上の管理通路。特に柵も無く反対側へ渡る事が出来ました。
f0116479_22514168.jpg

f0116479_2252173.jpg

f0116479_22525068.jpg

f0116479_22511534.jpg

f0116479_2252249.jpg

革新的なアイデアと思われたバットレスダムでしたが、冬季の凍結対策や施工の複雑さ故に施工費が増大する等、逆にコストが足枷となって短期の流行で終わってしまいました。
とは言え、この三滝ダムを含めた8例のバットレスダムの施工で得た経験は、その後の日本の土木技術に活かされていったものと思われます。
f0116479_2384250.jpg


by sunshine-works | 2011-09-27 23:53 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/16607977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 因美線那岐駅      中国電力芦津発電所 >>