2011年 08月 04日
山陽電鉄の橋梁
播磨の鉄道遺産その7

明治43年に前身の兵庫電気軌道が開設した兵庫~須磨間の路線に始まる山陽電鉄は大正~昭和戦前期に順l次東西に延伸され、神戸と姫路を繋ぐ準大手私鉄として発展を遂げていきます。
この山陽電鉄が渡る播磨の主要な河川の幾つかには、同線開設当初より使われている橋梁が現存します。
播磨の鉄道遺産その7は戦前に架けられた山陽電鉄の橋梁を紹介します。
f0116479_084264.jpg

加古川市と高砂市の境を渡る加古川橋梁。山陽電鉄の橋梁としては最も長い橋です。大正11年築。
f0116479_0114159.jpg

f0116479_093114.jpg

f0116479_016865.jpg

この加古川橋梁を含め、現存する戦前の山陽電鉄本線の橋梁は全て上路プレートガーダー橋。河口近くの広い川幅を渡る橋ですが、複雑でコストも嵩むトラス橋とせずに延々と桁を連ねるこの形式を用いています。
f0116479_0164537.jpg

f0116479_0101998.jpg

f0116479_027254.jpg

f0116479_027587.jpg

f0116479_0272698.jpg

f0116479_0282748.jpg

f0116479_0284822.jpg

橋脚もこの時代によく見られる楕円断面のコンクリート製です。
f0116479_029585.jpg

f0116479_0303224.jpg


八家駅の西側の小さな川を渡る八家川橋梁。大正11年築。
山陽電鉄の橋梁には珍しい煉瓦橋脚が現存しています。
f0116479_054759.jpg

f0116479_0543449.jpg

f0116479_055510.jpg

f0116479_0554777.jpg

f0116479_0572380.jpg


市川橋梁もこの区間が竣工した大正11年の竣工。下流側の橋桁は架け替えられているようですが、上流側の橋桁は当初のものが現存しています。
f0116479_14537.jpg

f0116479_1448100.jpg

f0116479_151546.jpg

f0116479_155196.jpg

f0116479_161215.jpg

f0116479_163365.jpg

f0116479_172317.jpg

f0116479_1163823.jpg

東端の1基を除いた他の橋脚はこのようなコンクリート製の円柱を並べたもの。後年に取替えられたものでしょうか。
f0116479_185889.jpg

f0116479_191920.jpg

f0116479_1103885.jpg


飾磨から網干までを結ぶ支線の網干線。夢前川を渡る橋梁は昭和15年に架けられています。
f0116479_1364777.jpg

f0116479_1373468.jpg

f0116479_138753.jpg

f0116479_1383896.jpg

この橋梁には下路式のプレートガーダー桁が使われています。
f0116479_1411996.jpg

f0116479_1414317.jpg


f0116479_1425098.jpg

f0116479_1431235.jpg

f0116479_1433566.jpg


by sunshine-works | 2011-08-04 23:47 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/16373303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 播磨の駅舎1      予讃線 中津川橋梁/予讃線旧線... >>