2011年 07月 31日
予讃線 中津川橋梁/予讃線旧線 岩屋架道橋
旧讃岐鉄道の遺構

四国旅客鉄道(JR四国)の母体となった讃岐鉄道は多度津を基点に琴平・丸亀を結ぶ路線として明治22年に開業、その後高松まで路線を伸ばし現在の土讃線・予讃線の元となりました。
開業120年を経た旧讃岐鉄道時代の施設の多くは架け替えや路線の変更により更新されていますが、それでも多度津近郊には讃岐鉄道に由来する鉄道遺産の幾つかを確認する事が出来ます。
これらの中から当時のままの煉瓦積橋脚が残る橋梁と石積アーチの旧架道橋を紹介します。

多度津~讃岐塩屋間の中川を渡る中津川橋梁。現存する開業時の橋梁は橋脚を持たない小さな橋ばかりですが、この中津川橋梁は4基の煉瓦橋脚を持つ規模の大きな橋です。
f0116479_145321.jpg

この中津川橋梁を含め、讃岐鉄道の多くの橋梁にはフランス積で組まれた煉瓦や切石の構造物が使われています。フランス積はイギリス積と共に建築物では広く使われていた工法ですが、強度に劣る事から鉄道施設に用いられた例は少なく、フランス積の橋脚は全国でも少数しか現存していません。
f0116479_145562.jpg

f0116479_14115272.jpg

f0116479_1471898.jpg

f0116479_1474441.jpg

f0116479_14865.jpg

f0116479_1411328.jpg

f0116479_14124560.jpg

橋脚だけでなく両側の橋台もフランス積の煉瓦構造物が当時の姿で残っています。
f0116479_14145849.jpg

f0116479_14151828.jpg

煉瓦橋脚の上を渡る4連のプレートガーダー桁。開設当初の物ではありませんが、昭和3年に作られた古い桁です。
f0116479_1416372.jpg

f0116479_14165781.jpg

f0116479_1419375.jpg

f0116479_14174274.jpg

f0116479_14195687.jpg

f0116479_14203349.jpg

f0116479_14211048.jpg



丸亀~坂出間の路線は瀬戸大橋線の開通に伴って路線が変更され、旧讃岐鉄道時代の路盤は撤去されていますが、宇多津市内には旧線の築堤がそのまま残された箇所があります。ここには讃岐鉄道開設時に設置された石積の架道橋が当時の姿で保存されています。
f0116479_14403685.jpg

f0116479_14411822.jpg

地元産の花崗岩を積んだ半円アーチ拱渠。車一台が辛うじて通れる程の幅、奥行きも短い小さな構造物です。全国各地にある同種の拱渠の多くは煉瓦と切石を併用していますが、この岩屋架道橋は全て花崗岩で造られています。
f0116479_18452876.jpg

f0116479_1846487.jpg

f0116479_18462963.jpg

f0116479_18465220.jpg

細密に石を組んだ内壁。古くから花崗岩(庵治石)の産地として知られる讃岐の優れた石工の技が活かされています。
f0116479_18471860.jpg

f0116479_184743100.jpg

f0116479_1848563.jpg

反対側の坑口。
f0116479_18484857.jpg

f0116479_18491343.jpg


by sunshine-works | 2011-07-31 19:06 | 近代建築 香川県 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/16352360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ShopMasterのひ.. at 2012-11-14 07:22
タイトル : 中津川橋梁
「近代建築Watch」で知った旧讃岐鉄道の遺構、多度津~讃岐塩屋間の中川を渡る中津川橋梁です。石とフランス積の煉瓦で構成される重厚な橋脚。良い感じです・・・。上り列車は今でもこの橋梁を渡っているようです。map... more


<< 山陽電鉄の橋梁      津山線の橋梁その2 >>