2011年 06月 25日
JR四国 多度津工場構内の建物群
香川県多度津町の近代建築その1

現在のJR四国の母体となった旧讃岐鉄道は明治22年に開通した多度津港から琴平を結ぶ路線に始まります。讃岐鉄道の路線はその後更に延伸され、国有化された後に予讃線、土讃線へと発展していきます。
この多度津には讃岐鉄道発足と同時に車両工場が設けられ、旧山陽鉄道~旧国鉄を経て現在のJR四国に受け継がれています。今回はこのJR四国多度津工場構内に残る戦前築の建物を紹介します。
f0116479_210364.jpg

正門を抜けて暫く進むと見えてくるこの建物は事務所棟として昭和10年に建てられました。現在は鉄道資料の展示室として使われています。
f0116479_2134512.jpg

f0116479_214250.jpg

f0116479_2141612.jpg

その奥には車両整備用の工場建物が並びます。鉄骨の骨組みに波板トタンを張ったこの典型的な工場建物は昭和16年に建てられました。
f0116479_2113361.jpg

f0116479_2113198.jpg

f0116479_2113391.jpg

f0116479_21135627.jpg

f0116479_21142974.jpg

隣接するこの倉庫は昭和11年の築。
f0116479_21473717.jpg

f0116479_21194559.jpg

f0116479_212022.jpg

f0116479_2121667.jpg

戦前に建てられた工場で唯一鉄筋コンクリート造となるこの建物は当時の多度津工場で最大規模の物でした。昭和6年築。
f0116479_21202251.jpg

f0116479_21212444.jpg

f0116479_21513968.jpg

f0116479_2229392.jpg

内部には当時のままの鉄骨トラスが残ります。
f0116479_21225688.jpg

f0116479_21231333.jpg

奥に連なる鉄骨トタン貼りの工場建屋。
f0116479_21242038.jpg

f0116479_21255136.jpg

敷地の中程にある小さな建屋。2層を繋ぐ縦長窓が特徴的なモダン建築風の建物です。
f0116479_21304185.jpg

f0116479_21312316.jpg

f0116479_21315158.jpg

大きなドーム屋根を持つこの建物は愛媛県にあった旧海軍の西条飛行場で格納庫として建てられた物です。戦後の昭和23年に移築され、食堂として使われています。
f0116479_21382218.jpg

f0116479_21395100.jpg

f0116479_21393335.jpg

f0116479_21395545.jpg

多度津工場発足時に建てられ唯一残る倉庫建物。外壁は葺き替えられていますが、内部の骨組みは当時のまま残されています。
f0116479_21442842.jpg

f0116479_2146402.jpg

f0116479_21465793.jpg

全国の旧国鉄車両工場の中でもこれ程多くの戦前築の工場施設が現存し、今尚活用されている例はありません。この多度津工場の工場施設は四国の鉄道の歴史を伝える貴重な資料として近代化産業遺産に認定されています。
f0116479_22365729.jpg


by sunshine-works | 2011-06-25 00:42 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/16179445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< JR四国 多度津駅給水塔      姫新線 美作江見駅/美作土居駅 >>