2011年 06月 05日
神戸電鉄の橋梁
播磨の鉄道遺産その1

神戸市湊川から北へ伸びる神戸電鉄は昭和3年に神戸と有馬温泉を結んだ神戸有馬電気鉄道に始まり、80年を超える今日まで神戸と北播磨を結ぶ都市近郊鉄道としての歴史を刻んで来ました。
播磨地区に残る鉄道遺産その1はこの神戸電鉄各線開設時に架けられた橋梁を紹介します。
f0116479_20483612.jpg

神戸と小野市粟生を結ぶ神戸電鉄粟生線は昭和13年に神戸から三木福有橋駅(現在の三木駅)までの区間が開通します。三木市の中心街を流れる美嚢川を渡るこの橋梁は同区間の開設時に架けられました。
f0116479_2153565.jpg

f0116479_10264949.jpg

広い川幅を渡っていく美嚢川橋梁、太いコンクリート橋脚の上には幾つもの異なる形式の橋桁が乗せられています。RC造のガーダー桁は竣工時に新設された物、3種類の鋼製プレートガーダー桁は他所から移設された物と推測されます。
f0116479_103103.jpg

f0116479_1031236.jpg

RC桁に挟まれて上路式の鋼製プレートガーダー桁が渡されています。
f0116479_10326100.jpg

f0116479_10325659.jpg

f0116479_103425.jpg

f0116479_10344377.jpg

この部分に用いられている上路プレートガーダーは明治期のポーナル桁と思われます。
f0116479_10365060.jpg

f0116479_10341841.jpg

上路式ガーダー桁に下路式ガーダー桁が繋がる何とも珍しい光景です。
f0116479_10351186.jpg

f0116479_10362436.jpg

橋桁の再利用はよく行われた手法ですが、このような継接ぎの組み合わせは極めて珍しい例です。戦時体制へ移行しつつあった当時、新興の中小私鉄だった三木電気鉄道(神戸電鉄粟生線の前身)が厳しい情勢下で寄せ集めてなんとか完成させたのでしょうか。
f0116479_10371848.jpg

三木城跡の石段から美しい橋の全容を望みます。
f0116479_10381887.jpg


神戸電鉄粟生線の小野~粟生区間は戦後の昭和27年に開通します。この時に架けられた加古川橋梁には二連の明治期の輸入橋桁が使われています。
f0116479_1110214.jpg

プレートガーダー桁に挟まれた2連のトラス桁が移築された桁です。明治中期にイギリスから輸入した120余りに及ぶ同形式の橋は全国の路線で使用されました。神戸電鉄加古川橋梁に移築された桁は大糸線または水戸線で使われていたものと推測されています。*詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
f0116479_11323555.jpg

f0116479_1133459.jpg

f0116479_11333950.jpg

f0116479_1134468.jpg

f0116479_11352559.jpg

f0116479_1135055.jpg

f0116479_11361945.jpg

その他のプレートガーダー桁とコンクリートの橋脚は昭和26年の築。戦後の築とは言え60年余を経た風格を備えています。
f0116479_1346348.jpg

f0116479_13472162.jpg

f0116479_1347569.jpg

f0116479_13482525.jpg

f0116479_13473548.jpg

現在2連残されている輸入トラス桁ですが、当初は3基が連なっていました。老朽化によって取り外された1基は播磨中央公園に再移築され歩道橋として利用されています。
f0116479_14173097.jpg

f0116479_14181024.jpg

f0116479_1418398.jpg

f0116479_14185824.jpg

f0116479_14193643.jpg

有馬口と三田を結ぶ神戸電鉄三田線は昭和3年に開通、同社では有馬線と並ぶ歴史を持つ路線です。
この三田線が有野川を渡る地点には同線開設時に架けられたと思われる古い形態の橋が残っています。
f0116479_14424918.jpg

f0116479_14433759.jpg

リベットがビッシリと打たれ、補構材が狭い間隔で並びます。両端がJの字に折れ曲がった補構材は明治期に導入されたポーナル形プレートガーダーの特徴を受け継いでいます。この橋桁も他所から移設された物なのかも知れません。
f0116479_14445767.jpg

f0116479_14462037.jpg

f0116479_14452055.jpg

f0116479_14464131.jpg


by sunshine-works | 2011-06-05 15:16 | 近代建築 兵庫県 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/16081726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぺでぶろ [PDBRID.. at 2012-10-06 22:20
タイトル : 播中おもいで橋
神戸市以外の歩道橋 加東市に「播中おもいで橋」を追加しました。 “神戸市以外の歩道橋”の更新準備をしておりまして 次なるは加東市の「播中おもいで橋」だったのですが…… い... more


<< 加古川線の橋梁      旧陸軍第11師団兵器庫 >>