2011年 05月 23日
旧勝田郡役所
岡山県勝央町の近代建築その2

岡山県勝央町は昭和29年にこの地域の町村合併により誕生します。この時初代庁舎として使われた建物が町の中心部に現存しています。明治45年、旧勝間田郡役場として建てられました。
f0116479_2323471.jpg

木造下見板貼り2階建て、玄関部にアーチを設け、上部の塔屋には急勾配の方形屋根を2段重ねています。明治後期の地方の庁舎建物として洋風意匠が顕著で、非常にモダンな印象を受けます。
f0116479_233484.jpg

f0116479_2341341.jpg

勝田郡役所として建てられたこの建物ですが、大正15年に郡制は廃止され、郡役所として使われたのは僅か14年でした。その後は幾度か公共的な用途に利用されていきましたが、昭和29年の勝央町発足に際し再び庁舎の用に就く事となります。
f0116479_2343151.jpg

この建物を特徴付けている正面玄関と上部の塔屋。2段重ねの屋根は当初スレート葺きでしたがその後光沢のある金属素材に吹き替えられています。
f0116479_239505.jpg

f0116479_23451718.jpg

f0116479_23102327.jpg

f0116479_2349383.jpg

f0116479_2372986.jpg

f0116479_2374320.jpg

f0116479_2383272.jpg

f0116479_238294.jpg

f0116479_23415017.jpg

f0116479_2385567.jpg

f0116479_23402375.jpg

金属板を張った屋根が日差しを受けて黄金に煌きます。
f0116479_23131522.jpg

側面から背後へ。
f0116479_2344221.jpg

f0116479_23135574.jpg

f0116479_23141327.jpg

裏庭に面した建物南側。大きなガラス窓が並びます。
f0116479_23161321.jpg

f0116479_2317523.jpg

f0116479_23173172.jpg

f0116479_2318046.jpg

f0116479_23181630.jpg

この旧勝田郡役所建物は昭和58年までの約30年を勝央町役場として使われ、その後は郷土美術館に転用されました。平成16年に美術館が移転した後は空家の状態が続いています。
f0116479_23184569.jpg

f0116479_2319720.jpg

f0116479_2320162.jpg

f0116479_2320343.jpg

f0116479_23193943.jpg

f0116479_23215768.jpg

郡制が敷かれた期間が短かった事もあって、郡役所の現存例は市町村役場に比べると多くありません。この旧勝田郡役場も岡山県下の旧郡役所として唯一の現存例となっています。
f0116479_2320592.jpg


by sunshine-works | 2011-05-23 23:39 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/16018666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧妹尾銀行林野支店      勝間田高校校友会館(旧勝間田農... >>