2011年 04月 17日
旧津山市庁舎(津山郷土博物館)
岡山県津山市の近代建築その17

旧津山城が置かれていた小高い丘の裾に、郷土博物館として使われている鉄筋コンクリート3階建てのモダンな建物が建っています。この建物は昭和8年に竣工し、昭和57年までの50年間、津山市庁舎として使われていました。
f0116479_23201496.jpg

庁舎建築に良く見られる左右対称の意匠、車寄せを備えた中央玄関に石積みの分厚い庇が掛けられています。建物頂部のパラペット部にはアクセントとして濃茶色のスクラッチタイルが張られ、中央玄関上部に2層の塔屋を構えます。当時流行のアールデコを取り入れた先鋭的な庁舎として建てられました。
f0116479_23205262.jpg

f0116479_23213318.jpg

f0116479_23333882.jpg

石を張った重厚な玄関周り
f0116479_23315772.jpg

f0116479_23323978.jpg

f0116479_2334390.jpg

f0116479_23364273.jpg

f0116479_2337392.jpg

f0116479_23373589.jpg

f0116479_23383870.jpg

f0116479_04479.jpg

f0116479_23375529.jpg

f0116479_23392755.jpg

f0116479_23394261.jpg

建物側面から裏側へ回ります。
f0116479_23444616.jpg

f0116479_23442296.jpg

f0116479_2345469.jpg

f0116479_23462494.jpg

f0116479_2349279.jpg

f0116479_2349779.jpg

f0116479_23475669.jpg

f0116479_23513280.jpg

f0116479_2352388.jpg

f0116479_2352226.jpg

f0116479_23524120.jpg

f0116479_23534443.jpg

f0116479_23541527.jpg

f0116479_23544139.jpg

この建物が建てられた当時の津山市の人口は約4万人、岡山県で3番目の都市とはいえ中規模の地方都市でしたが、現存するこの旧津山市庁舎は地方都市の市庁舎の域を超える素晴らしいものと思えます。
f0116479_23584235.jpg


by sunshine-works | 2011-04-17 23:31 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/15830829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧津山基督教図書館(森本慶三記念館)      津山高等学校本館(旧津山中学校本館) >>