2011年 04月 09日
旧山本家住宅(旧近藤寿一朗邸)
西宮の近代建築その34

阪急夙川駅の北方、静かな住宅街の一角に和洋折衷様式の2階建て住宅が建っています。昭和13年、鉄山や化学工業の経営者だった近藤寿一朗の邸宅として建てられました。設計は武田五一の弟子・岡田孝男です。
f0116479_1955396.jpg

塀で仕切られた400坪の敷地に中庭を囲んで部屋が繋がり、南の日本庭園には茶室が置かれています。
洋間が続く玄関から南東側の外壁は柱を壁面に露出させたハーフティンバー式となっており、正面側が洋風、裏側は和風を主とした意匠で纏められています。
f0116479_1859525.jpg

f0116479_1902238.jpg

切石を積んだ門柱に重厚な木の扉が取り付けられています。
f0116479_1962811.jpg

f0116479_196534.jpg

f0116479_19121485.jpg

f0116479_1972855.jpg

門を潜って玄関へ進みます。
f0116479_1982859.jpg

f0116479_19133610.jpg

玄関上部はこのようなハーフティンバーで仕上げられています。
f0116479_19485116.jpg

f0116479_2261770.jpg

玄関の脇を抜けて前庭へ。
f0116479_19434581.jpg

f0116479_19331229.jpg

f0116479_19334121.jpg

f0116479_19341377.jpg

f0116479_19343348.jpg

f0116479_19352550.jpg

f0116479_19354093.jpg

f0116479_1938226.jpg

f0116479_19383887.jpg

f0116479_1945365.jpg

f0116479_1946105.jpg

f0116479_19525756.jpg

玄関へ戻って館内に入ります。
f0116479_19563534.jpg

f0116479_1951930.jpg

昭和13年に建てられたこの邸宅はその後何代か所有者が変わり、最後は飲料会社を営む山本清氏の邸宅となりました。現在は山本清財団が受け継いで美術品の展示や文化教室の場として使われています。
f0116479_1957878.jpg

f0116479_19573547.jpg

f0116479_1958301.jpg

上の写真に見えるステンドグラスの裏側の部屋です。各窓も美しいステンドグラスが嵌められています。
f0116479_21334982.jpg

f0116479_20472650.jpg

f0116479_20474447.jpg

f0116479_20475947.jpg

裏側に和室が続きます。
f0116479_20563138.jpg

f0116479_2057985.jpg

f0116479_20575320.jpg

2階へ登る階段。手摺には手の込んだ細工が施されています。
f0116479_2141134.jpg

f0116479_2143397.jpg

2階の各部屋です。
f0116479_21204145.jpg

f0116479_21213568.jpg

f0116479_21223222.jpg

f0116479_21215362.jpg

f0116479_21233063.jpg

f0116479_2123491.jpg

f0116479_21235122.jpg

f0116479_21241884.jpg

洗面所には竣工当時からの湯沸かし器が残されていました。
f0116479_21274898.jpg

f0116479_2128662.jpg

f0116479_21283032.jpg

この建物が建てられた昭和初期、夙川は阪神間モダニズムを代表する高級住宅地として開発されていきました。当時の高級住宅の佇まいが良好に保たれているこの建物は、昭和初期の都市近郊住宅の貴重な現存例として登録有形文化財に指定されています。
f0116479_19492873.jpg


by sunshine-works | 2011-04-09 23:52 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/15789016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 津山高等学校本館(旧津山中学校本館)      神戸水道橋 >>