2011年 03月 19日
旧土居銀行本店
岡山県津山市の近代建築その14

津山の中心街から西へ、出雲街道に沿った旧市外地の古い町並みの中に一際目立つ木造洋風建築が現れます。現在作州民芸館として使われているこの建物は、かつて津山を基盤として設立された土居銀行の本店建物として建てられました。大正9年築。
f0116479_2251539.jpg

土居銀行は明治30年に創設された地場銀行でしたが、その後は当時の地方銀行と同様、周辺他行との合併を繰り返し、作備銀行、山陽銀行を経て現在の中国銀行の母体の一つとなりました。
岡山北部の中核都市津山を基盤としていた銀行に相応しく、重厚な古典様式に法った風格を備えた木造洋館です。
f0116479_22523342.jpg

f0116479_22543546.jpg

f0116479_22534226.jpg

f0116479_22563010.jpg

f0116479_23284390.jpg

張り出した両脇の中央に設けられた玄関。
f0116479_2257339.jpg

f0116479_22592591.jpg

f0116479_2302997.jpg

f0116479_2304956.jpg

f0116479_2312854.jpg

現在は民芸品や強度資料の展示施設として公開されており、館内は銀行店舗当時の状態が良く残されています。
f0116479_2342434.jpg

f0116479_2343738.jpg

f0116479_2344932.jpg

f0116479_235249.jpg

f0116479_2351830.jpg

f0116479_2353733.jpg

f0116479_2355159.jpg

f0116479_2361470.jpg

f0116479_2363689.jpg

f0116479_2372583.jpg

f0116479_2374423.jpg

f0116479_2381983.jpg

f0116479_2393337.jpg

遠景から眺めた側面。後ろ半分が腰屋根を乗せた寄棟になっています。
f0116479_23301824.jpg

裏側の南面。2階に大きな窓、1階に回廊が巡らされ、正面側とは大きく様相が違なります。
f0116479_23191397.jpg

f0116479_23194299.jpg

f0116479_2320453.jpg

f0116479_23205838.jpg

隣の建物との狭い境に見える東面。
f0116479_2323958.jpg

f0116479_23232823.jpg

f0116479_23235111.jpg

f0116479_23241676.jpg

この旧土居銀行本店は、中小の銀行が乱立した時期の地方銀行建築として貴重な現存例であり、岡山県内では数少ない明治期の木造の銀行建物でもあります。
f0116479_22531089.jpg


by sunshine-works | 2011-03-19 23:26 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/15684454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日本キリスト教団津山教会      中島病院旧本館 >>