2011年 02月 24日
金比羅宮宝物館
香川県琴平町の近代建築その2

参詣者で賑わう金毘羅宮の参道。象頭山の中腹にある社殿まで延々と続く石段を登って行くと、脇道に和洋折衷様式の石造建物が見えてきます。この建物は金毘羅宮の宝物館として明治38年に建てられました。設計は文部省技師の久留正道。
f0116479_22264674.jpg

金毘羅宮の参道に建つ建物だけに各所に和風の意匠が採り入れられています。唐破風の庇を持つ玄関、城郭のような入母屋造りの屋根、寺院を思わせる2階バルコニーの意匠等、洋の中に和を巧みに取り合わせた独特の様式となっています。
f0116479_22271195.jpg

f0116479_22272953.jpg

f0116479_22275393.jpg
f0116479_222859.jpg

f0116479_22305839.jpg

f0116479_22304162.jpg

f0116479_22311914.jpg

f0116479_22314040.jpg

f0116479_2232987.jpg

南平面のバルコニー。銅版が張られています。
f0116479_22292720.jpg

f0116479_22294043.jpg

f0116479_22295733.jpg

f0116479_22301979.jpg

こちらは裏面。宝物館に相応しい石造のがっしりとした構えです。
f0116479_22385643.jpg

f0116479_22392922.jpg

f0116479_22394744.jpg

f0116479_22402529.jpg

東京、奈良、京都に建てられた帝室博物館がわが国の博物館建築の始まりとなりましたが、この金比羅宮宝物館は地方の一施設ながら、これらの直後に建てられた同種の建物として極めて意義ある存在とされています。
f0116479_2243611.jpg


by sunshine-works | 2011-02-24 23:39 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/15564975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 水尾写真館      因美線美作河合駅 >>