2010年 12月 26日
土讃線黒川~讃岐財田間の橋梁
香川県まんのう町の近代建築その2

香川県多度津から高知を結ぶ土讃線はまんのう町南部の山間いで財田川とその支流を鉄橋で渡り、徳島県境へ進んでいきます。この地点には大正12年の同区間開通時に架けられた橋が現存し、現役施設として使われています。
f0116479_21584673.jpg

民営の讃岐鉄道を前身とする土讃線は現在のJR四国の路線で最も古い歴史を持つ線区として明治22年に敷設され、丸亀から琴平の間を結んでいました。
当初は、本州との船便の拠点だった多度津・丸亀と金比羅宮を結ぶ参宮鉄道としての色合いが強かった同線ですが、その後に四国の南部を結ぶ幹線として徳島、高知への延伸が計画され、大正12年にその第1区間として琴平~讃岐財田間が開通します。

黒川駅のすぐ横手の財田川を渡る黒川橋梁。楕円のコンクリート橋脚の上を上路プレートガーダーが渡されます。
f0116479_21592665.jpg

f0116479_21595598.jpg

f0116479_2203144.jpg

同じ香川県の鉄道橋梁で同時期に施工された琴電琴平線の土器川橋梁や香東川橋梁が旧来の石積スタイルの橋脚を用いているのに対し、土讃線橋梁は以後の標準となるコンクリート橋脚が使われています。
f0116479_1293360.jpg


f0116479_2205935.jpg

f0116479_2211853.jpg

f0116479_2215040.jpg

f0116479_2222124.jpg

f0116479_2223799.jpg

f0116479_2225570.jpg

f0116479_2231224.jpg

讃岐財田駅近くの多治川を渡る橋梁。この橋も同時期の竣工です。黒川橋梁と同様に桁高の高い橋ですが、橋脚は楕円ではなく角柱が用いられています。
f0116479_2214852.jpg

f0116479_22143644.jpg

f0116479_22145369.jpg

f0116479_22161451.jpg

四国の瀬戸内側と太平洋側を結ぶ主要路線とは言え、土讃線は開通以来現在まで単線のまま、電化区間も琴平までで、山間のこの辺りともなると、一際長閑な風景となります。
f0116479_22165742.jpg

f0116479_22173093.jpg

f0116479_22174642.jpg

山間いの小さな川だけに川幅は狭いのですが、両側の土手のレベルに合わせて高い位置に橋が架けられています。
f0116479_22182267.jpg

f0116479_22184775.jpg

f0116479_2219325.jpg

この二つの橋梁は規模としては然程大きな橋ではありませんが、交通不便な山間部の架橋は相応の難工事になりました。
この後更に徳島・高知へ伸ばされて行く土讃線には大規模な橋梁工事が連続しますが、その度に技術を積み重ね、優れた鉄道橋を数多く残していく事となります。
f0116479_22191887.jpg


by sunshine-works | 2010-12-26 23:34 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/15228134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 阪急電鉄神戸線藻川橋梁/住吉川橋梁      琴電琴平線 土器川橋梁/綾川橋梁 >>