2010年 11月 29日
綾川橋
香川県綾川町の近代建築その3

高松から琴平へ至る旧街道は滝宮を過ぎて程なくして綾川に差し掛かります。この地点には県内で数少ない戦前築の鉄筋コンクリートの道路橋が架けられています。昭和8年築。
f0116479_2237258.jpg

道路面から遥か下を流れる綾川を3連の大きなアーチで跨ぐこの橋は、開腹コンクリートアーチ橋と呼ばれる構造の橋です。この様な深い谷間を渡る橋に多く用いられますが、大きな川が少ない香川県では珍しい形式です。
f0116479_22412722.jpg

現在県道282号線となっているこの道は高松と金刀比羅宮を結ぶ重要な街道でしたが、綾川を渡るこの地点は大雨の度に氾濫を起こす難所とされた場所でした。近世以降は橋が渡されましたが、その橋も豪雨によって流出を繰り返しており、主要道としては非常に不安定な要素を抱えていました。
f0116479_22421336.jpg

河川敷に設けられた公園から橋脚部を眼前に望みます。3連の大きなアーチの間には縦長の小さなアーチが隙間を埋める様に並んでいます。
f0116479_22501476.jpg

f0116479_22503353.jpg

f0116479_22505075.jpg

アーチの上に渡された橋桁にはアールデコ調の高欄が並びます。
f0116479_2243171.jpg

f0116479_22432085.jpg

f0116479_22433648.jpg

f0116479_2244208.jpg

風化や損傷が目立ちますが、親柱や高欄は竣工時のままの状態が保たれています。
f0116479_2247245.jpg

f0116479_2248072.jpg

f0116479_22482626.jpg

f0116479_22491639.jpg

f0116479_22484665.jpg

幾度も橋が流されたこの場所に、当時の土木技術の粋を集めて架けられた綾川橋は長年の夢を実現させた悲願の橋となりました。
築70年を経た今も変わらぬモダンなその姿は、美しい渓谷の景観と溶け合った地域の誇る名所となっています。
f0116479_2251616.jpg


by sunshine-works | 2010-11-29 23:48 | 近代建築 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/15072723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kaetuya55 at 2010-12-03 11:40
きれいなフォルムの橋ですね。現役で活躍中ってのがいいですね。
地元が誇る!ってのが解ります。
金沢市内にある浅野川大橋も3連アーチのおしゃれなコンクリート橋です。
ブログにUPしましたのでご覧ください。
新しい橋は綺麗ですが、どれもあまり特徴がなくて記憶に残りません。
Commented by sunshine-works at 2010-12-03 13:22
kaetuya55さん はじめまして。
上から眺めても下から見上げても、遠景から見ても美しい姿の橋です。現在でも通用するモダンな姿ですから当時は相当に目を惹く存在だったと思います。
金沢には何度か行きましたが、浅野川大橋は未見です。なかなか味わいのある橋の様ですね。今度行く機会があれば訪ねて見たいと思います。。
Commented by kaetuya55 at 2010-12-03 19:18
最初にご挨拶を書いたつもりが...抜けていました。
大変、失礼いたしました。
改めまして...初めまして。金沢の加越屋徳兵衛と申します。
金沢とその近郊を走る電車と金沢の建築物などなどを、与太話と共に
ブログにUPしています。
デジカメ初心者でまだまだですが...どうぞよろしくお願いします。


<< 東海道本線武庫川橋梁      琴電滝宮駅 >>