2010年 10月 28日
琴電旧畑田変電所
香川県綾川町の近代建築その1

香東川を越えて更に西へ、高松市をあとに-綾川町へ進みます。沿線風景が次第に長閑な田園地帯へと変わっていく中、畑田の駅前に古びたコンクリートの構造物が突然現れます。この建物は琴平電鉄開設時に建てられ、昭和55年まで使用されていた変電所の遺構です。大正15年築。
f0116479_20333440.jpg

琴平電鉄畑田変電所は、ドイツ製整流器を備えた当時最新鋭の変電施設として建てられました。
小さな停車場といった風情の畑田駅に比べて傍らのこの変電所は堂々たる建物で、周囲に大きな建造物が無かった当時は一際目立つ洋風建物でした。戦中には迷彩塗装が施されていたとの事で、今でもその名残が確認できます。*詳細はこちらをご覧下さい。
f0116479_223190.jpg

f0116479_2232670.jpg

f0116479_22205088.jpg

f0116479_2221113.jpg

コンクリートの表面は剥がれ、殆どの窓も失われてしまっています。辛うじて外観は当初の姿を保っていますが、閉鎖されて30年近くを過ぎ、各部に劣化が目立っています。
f0116479_22294675.jpg

f0116479_2230684.jpg

f0116479_22303136.jpg

壁面を覆う蔦。濃い緑に変わる夏場は朽ちた雰囲気が更に高まる事と思われます。
f0116479_2250483.jpg

f0116479_22502960.jpg

f0116479_22521626.jpg

f0116479_22534267.jpg

周囲の住戸に囲まれて佇む旧変電所。遠目から見ると然程違和感を感じません。
f0116479_23551.jpg

役割を終えた鉄道施設の中でも、このように特殊な施設は他の用途に転用するにも難しく、保存と活用を両立させる良案が見出せないのが現状です。
前掲のリンク先でも保存の声が高まっている旨の記述がありますが、地方鉄道の歴史の中でも先駆的な変電施設として名を残すこの変電所を産業遺産として伝えていく事は極めて有意義な事と思います。
f0116479_2340368.jpg


by sunshine-works | 2010-10-28 23:45 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/14877757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2011-11-21 13:17
タイトル : ことでん 苦難乗り越え100周年
「ことでん」の愛称で親しまれている高松琴平電鉄が11月18日、開業100周年を迎えた。10年前に経営破綻(は・たん)したが、ゆるキャラの制作やレトロ電車の運行など、あの手この手の取り組みで会社再生を果たした。... more


<< 国鉄福知山線 生瀬~武田尾間の...      琴電琴平線 香東川橋梁 >>