2010年 10月 20日
香川県農業試験場本館
香川県高松市の近代建築その12

高松市の西部、琴電琴平線仏生山駅の西に香川県農業試験場が置かれています。この敷地内には昭和5年に建てられた旧本館が残されています。
f0116479_20154762.jpg

中央の車寄せを挟んでシンメトリーに配置された木造モルタル2階建て。装飾要素は全体に控えめで、玄関周りに集中して施されています。
f0116479_2211595.jpg

f0116479_22131788.jpg

f0116479_2214720.jpg

庁舎らしく車寄せを備えた玄関部分。三面のアーチで組まれたポーチ上部にレリーフが飾られます。
f0116479_2212528.jpg

f0116479_22193941.jpg

f0116479_22195125.jpg

f0116479_22203588.jpg

f0116479_2221325.jpg

f0116479_22212937.jpg

f0116479_2222062.jpg

f0116479_22223570.jpg

f0116479_222321.jpg

f0116479_22233014.jpg

f0116479_22235164.jpg

木製の枠組みが当時のまま残されている三段式の上げ下げ窓。
中央部が固定式、上下の窓がそれぞれ下方・上方にスライドする構造となっています。
f0116479_2226491.jpg

f0116479_22271488.jpg

f0116479_22275934.jpg

f0116479_22283362.jpg

明治以降に全国の自治体が設置した農業試験場は、概ねどこも施設内にこの様な木造の本館建物を備え、教習室や研究施設、事務室や管理施設に充てられていました。施設の性格が自治体機関にして教習・研究施設である様に、建築意匠的にも当時の学校建築と地方庁舎を合わせた様な趣があります。
f0116479_22324291.jpg

建物側面
f0116479_22334239.jpg

f0116479_2234360.jpg

f0116479_22342834.jpg

こちらは裏側です。
f0116479_2235248.jpg

f0116479_22354947.jpg

f0116479_22361295.jpg

香川県では現在農業試験場の移転計画が進められています。この建物の処遇がどうなるかは未定の様ですが、竣工当時の姿を良好に保つこの建物は、農業近代化の象徴として後年に伝える価値が非常に高い物と思えます。
f0116479_2237537.jpg


by sunshine-works | 2010-10-20 23:45 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/14828747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 琴電琴平線 香東川橋梁      中国電力奥津発電所調整池/恩原ダム >>