2010年 10月 08日
兵庫県北摂地区の近代建築 補遺
兵庫県北摂地区の近代建築 補遺

三田から伊丹まで、北摂地区に残る近代建築を巡ってきましたが、最後に未紹介の幾つかの建物を採り上げます。

まずは三田の市街地に残る医院建築。江戸時代に北摂の中心都市だった三田は明治以降に多くの医院が開かれていきました。
f0116479_2045014.jpg

旧市街地に並ぶ二棟の医院。規模も意匠も良く似た建物です。
f0116479_2047577.jpg

f0116479_21154919.jpg

f0116479_2116365.jpg

f0116479_21161868.jpg

f0116479_21162967.jpg

f0116479_21152351.jpg

右側の医院。こちらは閉院している様子でした。
f0116479_20491964.jpg

f0116479_20493435.jpg

f0116479_2048970.jpg

f0116479_20483825.jpg

神戸電鉄三田本町駅の近くに残る旧医院。閉院して長い年月が経っていると思われます。
f0116479_21231328.jpg

f0116479_21232818.jpg

f0116479_2123438.jpg

f0116479_21235732.jpg

f0116479_21241323.jpg

三田の北西部、旧村落の中心部だった場所に残る2つの郵便局。役目を終えて他の用途に使われています。

旧相野郵便局。駅前通りに建てられたこの郵便局は喫茶店に転用されています。
f0116479_21335297.jpg

f0116479_213481.jpg

f0116479_21343126.jpg

f0116479_21351370.jpg

良く見ると前面だけ残して後半を建て換えているように見えます。
f0116479_2139460.jpg

f0116479_21403026.jpg
f0116479_2141528.jpg
f0116479_21411958.jpg
f0116479_21424335.jpg

旧木器郵便局。田園地帯の中に洋風建造物がポツンと建っています。
f0116479_2149083.jpg
f0116479_21492054.jpg
f0116479_21493669.jpg

f0116479_21501130.jpg

f0116479_21503256.jpg

f0116479_21505217.jpg

f0116479_21512134.jpg

尼崎から西へ進んで西播磨へ至り、東へ帰して北播磨を経て北摂まで。兵庫県の南半分の近代建築を巡ってきました。それでも面積から言えばまだ半分に過ぎません。
残すは県の北半分を占める丹波・但馬地区。ここにも魅力溢れる近代建築が数多く残されています。まだまだ続く兵庫の近代建築探訪、今しばらくお付き合い願います。

 

by sunshine-works | 2010-10-08 23:51 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/14753690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ009 at 2010-10-11 09:13 x
こんにちは。
三田の建築も面白いですね。ここの医院建築はレベルが高いです。2つの郵便局は知りませんでした。ちょっと遠そうですね。でも、いつか行ってみたいと思います。
Commented by sunshine-works at 2010-10-12 12:12
ひろ009さん こんにちは。
仰る通り、三田はローカルな要素と町の要素が適度に混ざっていて面白いですね。歴史のある地域ですから探せばまだまだあるかもしれませんね。


<< 中国電力奥津発電所      東リ旧本館事務所 >>