2010年 08月 24日
大島青松園礼拝堂
香川県高松市の近代建築その7

高松港から船でおよそ20分、沖合いに点在する小島の一つ、大島に渡ります。この島にある国立ハンセン病療養施設大島青松園の一角には昭和10年に建てられた礼拝堂が現存しています。
f0116479_2364058.jpg

全国5か所に置かれた最初の国立ハンセン病療養施設の一つとして、大島青松園が明治42年に開設されます。有効な治療法が確立されていなかった当時、「療養」とは名ばかりの、実質的には隔離を目的とした施設だった療養所は、園自体が小さな町として整備されていきました。園の北側には様々な宗教の礼拝施設が並ぶ一角が開かれていきます。
f0116479_2375386.jpg

小さな島の礼拝堂とは思えないモダンな意匠の建物です。昭和10年、アメリカン・レプロシー・ミッション(ミッション系の救ライ団体でしょうか?)の寄付で建立されています。
f0116479_239358.jpg

大きな切妻屋根。妻面には十字架のレリーフが付けられています。
f0116479_23112077.jpg

f0116479_23115085.jpg

f0116479_23134418.jpg

f0116479_23143174.jpg

f0116479_23141014.jpg

f0116479_2315876.jpg

f0116479_23154756.jpg

アーチ窓が連続する側壁。張り出したバットレスが並びます。
f0116479_23165658.jpg

f0116479_23172877.jpg

f0116479_23201344.jpg

f0116479_23203280.jpg

玄関に向かい合って建つ柱の上部に鐘楼が組み込まれています。
f0116479_23231728.jpg

f0116479_2324283.jpg

f0116479_23233291.jpg

f0116479_23334299.jpg

f0116479_23243172.jpg

差別的な法規が撤廃され、治療法も確立された今日、強制隔離が行われていた事実は過去の物となろうとしていますが、園内では今尚多くの入所者が静かな暮らしを送っています。
築70年を過ぎても色あせないモダンなこの礼拝堂からは、不当な扱いを強いられていた療養患者達に信仰の場が果たした役割の大きさが伝わってきます。
f0116479_23252076.jpg


by sunshine-works | 2010-08-24 23:46 | 近代建築 | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/14462997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ある平凡助教授の,なんと.. at 2010-09-13 18:42
タイトル : 瀬戸内のもったいない島,大島
その島でボクらを出迎えてくれたのは,口蹄疫で隔離・殺傷処分された牛たちやブタたちをイメージした芸術作品ではなく,低層建築の寮や病棟が小奇麗にならんだのどかな風景だった. 高松市庵治の沖合いにある速..... more
Tracked from ヴォーリズを訪ねて at 2011-11-29 14:13
タイトル : 大島青松園礼拝堂
 久しぶりのアップです。 ヴォーリズの建築リストに大島療養所礼拝堂というのがあるのは知っていましたが、まさか現存しているとは思っても見ませんでした。sunshine-works さんの「近代建築Watch」というブログに写真があるのを発見し、行く機会を待っていたわけです。今年のGitano Family Japan Tour の最終日は四国の高松でした。またとない機会なので、翌日大島青松園の礼拝堂を見に行きました。  昭和10年ころのヴォーリズの教会建築としては、今津キリスト教会、博愛社礼拝堂...... more
Commented by gipsymania at 2010-09-19 21:14
ご無沙汰しています。
昭和10年の大島療養所礼拝堂といえば、
ヴォーリズ建築ではないでしょうか。
http://www.omi8.com/vories/sakuhinlist.html
個人的に結構ヴォーリズを追及しているつもりですが、
この礼拝堂はもう現存していないと思いこんでいました。
作品リストにこの名前と築年があって、合致しています。
久しぶりにここにきて大発見した気分です。
ありがとうございました。
Commented by sunshine-works at 2010-09-20 14:05
gipsymaniaさん お久しぶりです。
香川県の近代建築については「香川県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書」と言う本を参考資料にしているのですが、この建物の設計・施工者は不明となっていました。
アメリカの財団から献堂された経緯を考えれば、当時日本で多くの宗教建築を手掛けていたヴォーリズが設計者として採用されたのも自然な気がします。あまり脚光を浴びない地味な建築物故に、由来も忘れ去られていたのでしょうか。
貴重な言及をいただきましてありがとうございます。


<< 男木島灯台      旧湯本小学校校舎 >>