2010年 07月 23日
旧ワサ・ダウン邸
香川県高松市の近代建築その4

琴電屋島駅の北方、屋島の山裾に四国の古い民家を移築公開している施設、四国村があります。
この一角に、かつて神戸北野に建っていた1棟の洋館が喫茶店として利用されています。この建物は英国人ウイリアム・ダウン氏の夫人で日本人女性ワサの居宅として明治38年に建てられました。
f0116479_21411930.jpg

明治後期に建てられた北野の異人館に共通するベランダコロニアル様式です。
下見板貼り、寄棟屋根、この様式の特徴でもあるベイウインドウや鎧戸を備え、1階を解放式のバルコニー、2階はガラス窓で塞いでいます。
f0116479_2143856.jpg

f0116479_21433651.jpg

f0116479_21435458.jpg

f0116479_21443648.jpg

f0116479_214563.jpg

f0116479_21521426.jpg

当初北野に建てられていたこの建物は、同じ敷地に東西2棟が並んで建てられていました。この建物と対になる西棟にあたる建物が以前当ブログで紹介した旧ヘイガー邸です。
両方の建物を比べると、全体の雰囲気や細部の仕上げは共通していますが、全く同じ造りでは無く、サイズもこちらの建物がやや小ぶりな様に見えます。
f0116479_21413835.jpg

f0116479_22565720.jpg

f0116479_22562290.jpg

裏側には煉瓦煙突が見えます。
f0116479_21531311.jpg

f0116479_21534284.jpg

f0116479_21535935.jpg

1階正面側。中央の玄関の両側は開放式のバルコニーとなっています。
f0116479_21473817.jpg

f0116479_21484971.jpg

f0116479_21482881.jpg

f0116479_21491549.jpg

f0116479_21493043.jpg

f0116479_2150859.jpg

f0116479_21511545.jpg

f0116479_21513117.jpg

四国村見学コースの最後に現れるこの明治期の洋館は、園内の見事な伝統家屋に引けを取らない存在感を示しています。かつて北野の高台に建てられた異人館の幾つかは、移設されこのように観光施設として活用されていますが、遠く離れた四国の地に移されたこの異人館もその持ち味が上手に活かされています。
f0116479_23163068.jpg


by sunshine-works | 2010-07-23 23:50 | 近代建築 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/14254157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-05-10 10:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 旧江崎灯台退息所/旧鍋島灯台退息所      旧遷喬尋常小学校校舎 >>