2010年 07月 07日
旧諏訪邸(高崎記念館)
宝塚の近代建築その9

前回に引き続き、雲雀丘に残る大正期の洋館をもう一つ紹介します。
大正12年に建てられたこの建物は、雲雀丘に数棟建てられていたW.M.ヴォーリズ設計の洋館のうち現存する唯一の物です。
f0116479_22461423.jpg

雲雀丘地区の邸宅は規模が大きな物ばかりですが、この旧諏訪邸も非常に大きな建物です。坂道に面した大きな妻面が遠方からもよく目に付きます。
f0116479_2247439.jpg

ヴォーリズが開いた近江療養院の医師、諏訪蛍一氏の邸宅としてヴォーリズ自ら設計を手がけたこの建物は、木造3階・地下1階建、大きな腰折れ屋根や開放的なテラスが特徴的なコロニアルスタイルの洋館です。
設計に際しては、「洋風住宅」と「郊外生活」が日本人の健康向上に不可欠との考えを持っていた諏訪医師の理念が各所に取り入れられているそうです。
f0116479_22523280.jpg

f0116479_2248224.jpg

この建物も南に大阪平野の素晴らしい眺望が広がります。前庭に面して設けられたテラスの大きな窓からは、たっぷりと日差しが差し込みます。
f0116479_2257124.jpg

f0116479_22573338.jpg

f0116479_22582480.jpg

f0116479_2259948.jpg

f0116479_22593691.jpg

f0116479_2321965.jpg

テラスから室内を窺います
f0116479_2305191.jpg

f0116479_231717.jpg

f0116479_2311967.jpg

前庭から小さな階段が南側の入口に通じています。
f0116479_2343163.jpg

f0116479_234576.jpg

諏訪医師の邸宅として使われたのは大正12年から昭和4年までの僅かな期間でした。その後この建物は東洋製罐創設者の高崎達之助の邸宅として使用され、現在は同社の関連機関である東洋食品研究所によって管理されています。
f0116479_2312668.jpg

f0116479_23113736.jpg

f0116479_231224100.jpg

f0116479_2313361.jpg

f0116479_23133954.jpg

西側に設けられた正面玄関。昭和13年に増築されたものです。
f0116479_23163899.jpg

f0116479_23171131.jpg

f0116479_23173627.jpg

f0116479_2318962.jpg

f0116479_2318306.jpg

f0116479_2319488.jpg

f0116479_23192179.jpg

f0116479_23195199.jpg

ヴォーリズ作品にお馴染みの煉瓦煙突
f0116479_23215030.jpg

f0116479_23212698.jpg

f0116479_23221250.jpg

日本の高級住宅街の先駆けとなったこの雲雀丘には、この他にも築80年を超える建物が10数棟現存していますが、これらはどれも比較的狭い範囲の中に集まっており、緑豊かな町並みの中で素晴らしい景観を織り成しています。阪神間モダニズムと呼ばれた山手文化華やかなりし時代、駅から続く丘陵一面に当時最新の洋館が建ち並んでいた様は、さぞかし壮麗な眺めであった事と思います。
f0116479_23231492.jpg


by sunshine-works | 2010-07-07 00:34 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/14135937
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 落合橋      旧徳田邸 >>