2010年 07月 03日
旧徳田邸
宝塚の近代建築その8

宝塚市の東部、阪急電鉄雲雀丘花屋敷駅の北側に大正期から昭和の初めにかけて開発された住宅街が広がっています。
この雲雀丘住宅地の一角、大阪平野を見晴らす斜面の中腹に1棟の洋館が建っています。
この建物は開発初期に建てられ現存する10数棟のうちの一つで、古塚正治の設計により大正中期に建てられました
f0116479_14413268.jpg

箕面有馬電気軌道が沿線の池田や箕面、豊中等で宅地開発を行っていた同時期、長閑な農村地帯だったこの地を高級住宅街として開発したのは、灘・住吉村や芦屋の宅地開発を手掛けた阿部元太郎でした。階段状に緑豊かな邸宅が並ぶ街路には電線や下水道が地中埋設され、街灯が灯された道に乗合自動車(バス)が運行される、当時最も先進的な郊外住宅地として造成されていきました。
f0116479_1442069.jpg

設計者の古塚正治は阪神間に多種多様な作品を残していますが、この建物の設計には当時流行のセセッションスタイルを用いています。
f0116479_14452052.jpg

f0116479_14465646.jpg

f0116479_14455310.jpg

f0116479_14434921.jpg

f0116479_14475731.jpg

f0116479_14443177.jpg

f0116479_14472049.jpg

f0116479_14462098.jpg

f0116479_14581153.jpg

よく手入れされた生垣で仕切られた敷地北側。どの邸宅も豊かな植栽で飾られています。
f0116479_15132250.jpg

f0116479_1513573.jpg

f0116479_15143333.jpg

大阪平野を一望する素晴らしい眺め。雲雀丘の各戸には眺望と景観の保全に関する細かな規則が定められていました。この建物を含めて古い建物の屋根が赤く塗られているのも当時の取決めに由来しています。
f0116479_14502193.jpg

f0116479_14503388.jpg

前庭に出て建物正面を眺めます。
この地区の洋館は何処も非公開で普段は敷地内に立ち入る事が出来ませんが、この旧徳田邸(現在は元宝塚市長正司氏の邸宅)は春に実施されるオープンガーデンフェスタの期間に公開されます。
f0116479_14525575.jpg

f0116479_14531579.jpg

f0116479_14533566.jpg

f0116479_14535880.jpg

f0116479_14572916.jpg

f0116479_14553758.jpg

f0116479_14563939.jpg

東京に比べて都心部が狭い大阪では早くから郊外住宅地の開発が進められ、船場地区の富裕層も阪神間や北摂地区に居を移す事となります。この様な中で関西屈指の高級住宅地として開発された雲雀丘の手法は、雛型としてその後各地で同種の宅地開発に採り入れられていく事となります。
f0116479_15183142.jpg


by sunshine-works | 2010-07-03 16:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/14110725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧諏訪邸(高崎記念館)      旧屋島登山鉄道山上駅 >>