2010年 05月 29日
旧木田郡役所
香川県三木町の近代建築その2

三木町池戸公民館として使われているこの木造建物は、旧木田郡役所として大正8年に建てられました。香川県に現存する唯一の旧郡役所です。
f0116479_21175861.jpg

木造平屋、下見板貼り、中央に車寄せを設けた当時の地方庁舎によく見られた意匠ですが、屋根上に長く突き出たドーマーがこの建物の大きな特徴となっています。
f0116479_21184783.jpg
f0116479_21192741.jpg


資料(香川県の近代化遺産)によると、この建物は、宮大工によって設計・施工されたと記載があります。棟梁の手になる儀洋風建築ですが、各部には精妙に西洋技法が取り込まれており、当時の職人の技術力の高さを伺う事が出来ます。
f0116479_21251583.jpg

f0116479_21253357.jpg

大正8年に新庁舎として建てられた木田郡役所ですが、郡制の廃止によって郡役所としては僅か7年でその使命を終えてしまいます。その後は県の養蚕試験場として50年余り使用され、昭和58年から三木町の公民館となっています。管理者が変遷し、それぞれ異なった用途で使われてきましたが、当初の郡役所時代の意匠が良好に保たれています
f0116479_21215048.jpg

f0116479_2122428.jpg
f0116479_21221742.jpg
f0116479_21222987.jpg

f0116479_21231256.jpg

建物中央に設けられたドーマー屋根。2層式で頂部を丸屋根とする凝った造りです。
f0116479_21224665.jpg

f0116479_21233054.jpg

側面から裏側へ
f0116479_21371032.jpg

f0116479_21375384.jpg

f0116479_21381335.jpg

隣接して建てられた土蔵
f0116479_21393167.jpg

f0116479_21395983.jpg

明治23年の法令によって全国に置かれた郡役所は、その後30年余りで廃止されてしまいますが、建築史の上では、各地に建てられたこれらの庁舎はそれぞれの地方に於ける洋風建造物の先駆けとしての役割を果たしていました。
郡制廃止から80年余りを経過した今日も当時の姿で残るこの旧庁舎は、建築資料としても価値の高い建物となっています。
f0116479_21401489.jpg


by sunshine-works | 2010-05-29 22:47 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/13839020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 阪急電鉄宝塚南口変電所      琴電長尾線 鴨部川橋梁/新川橋梁 >>