2010年 05月 17日
津山線弓削駅
岡山県久米南町の近代建築

岡山と津山を結ぶJR津山線は 明治31年、民営の中国鉄道の路線として岡山-津山口間で開通します。この時に開設され八つの駅の一つ、弓削駅には現在も開業当時の駅舎が残されています。
f0116479_19263070.jpg

旭川に沿って北へ進んで来た津山線は、岡山市を過ぎた辺りで旭川と離れ、やや北東に進路を変えます。
山あいを程なく進み、久米南町の中心駅弓削駅に至ります。この小さな木造駅は、県内に現存する駅舎の中で最古の駅舎と言われています。
f0116479_19264956.jpg

木造下見板貼、和瓦葺、周囲に庇を巡らせた意匠は津山線の他の駅舎にも見られる特徴です。
f0116479_1927248.jpg

f0116479_19283650.jpg

f0116479_19574779.jpg

f0116479_1929385.jpg

f0116479_1928981.jpg

2本のホームを持ち、上下線を跨線橋で行き来する、小規模な駅舎に一般的な構成です。跨線橋はその後の物ですが、ホーム自体は開業当初から殆ど変更されていません。
f0116479_19302575.jpg
f0116479_19295828.jpg

f0116479_1930384.jpg

f0116479_19305488.jpg

f0116479_1932857.jpg

f0116479_19312698.jpg

f0116479_19313635.jpg

鉄道遺産の宝庫と言われる岡山の中でも、美作地域にはとりわけ素晴らしい遺構が残されています。
日本の原風景そのものとも言える、豊かな自然に抱かれた木造駅舎や橋梁の数々を随時紹介していきます。ご期待下さい。
f0116479_19323548.jpg


by sunshine-works | 2010-05-17 20:52 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/13733500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by seiyo39 at 2012-11-02 05:57
近代建築Watch 様へ
神戸市垂水区在住のseiyo39と申します。
いつもすばらしい写真に感嘆しています。
事後連絡で申し訳ありませんが下記のBlogにてリンクを
張らせていただきました。よろしくお願いします。
http://seiyo39.exblog.jp/19415316/
Commented by sunshine-works at 2012-11-02 17:48
Seiyo39さん、こんにちは。
いつも御覧頂いているとの事、誠に有難うございます。
この駅舎は岡山の木造駅舎の中でも他の駅舎と異なる特徴が多く、独特の風情が気に入っています。
今後も各地の鉄道駅舎を採り上げていきますので、拙なブログではありますが、宜しくお願い致します。


<< 旧第百十四銀行長尾支店      旧加茂葉煙草取扱所(加茂川歴史... >>