2010年 05月 05日
宝塚音楽学校旧校舎
宝塚の近代建築その4

大正3年に始まる宝塚歌劇団の長い歴史の中で、多くの生徒が学んだ音楽学校の旧校舎。昭和12年から平成10年まで使われていた建物が宝塚市の文化施設として再利用されています。昭和10年築。
f0116479_13164199.jpg

箕面有馬電気軌道が温泉リゾートとして開発した宝塚には多くの娯楽施設が設けられていきます。同社によって建てられた宝塚新温泉で公演されるレビューショーの養成機関がその後の宝塚音楽学校の前身となりました。
このモダンな建物は、宝塚音楽歌劇学校時代の昭和10年に建てられています。
f0116479_13171450.jpg

f0116479_1320512.jpg

f0116479_13175168.jpg

鉄筋3階建て、玄関ホールの両脇に階段室を配し、その奥に教室やレッスンルーム、職員室が繋がる構造となっています。モダニズム様式による内外装は、華やかな近代娯楽の養成所にふさわしい洗練された意匠で統一されています。
f0116479_1318659.jpg

f0116479_13182462.jpg

f0116479_13185473.jpg

南側に設けられた玄関。丸柱には正方形の飾りタイルが貼られています。
f0116479_13204015.jpg

f0116479_13205476.jpg

f0116479_13211278.jpg

f0116479_14352923.jpg

側面から裏面の様子。いかにもモダニズム建築らしく整然と窓が並びます。
f0116479_13224281.jpg

f0116479_1323420.jpg

f0116479_13232290.jpg

f0116479_13235150.jpg

館内の景色。階段室に設けられた丸窓の内側です。
f0116479_14235153.jpg

f0116479_14254991.jpg

f0116479_142643.jpg

新校舎の完成により平成10年に役目を終えたこの建物は、当初取り壊されて宅地となる予定でしたが、中心市街地の再生拠点として活用される事となります。改修に際しては、極力本来の姿に復す事とされ、修復されずに当時そのままの状態で残された箇所もあります。
f0116479_14263569.jpg

f0116479_14265529.jpg

階段の壁面寄りが磨り減っていますが、これは予科生(下級生)が先輩の本科生の妨げにならないように壁際を駆け足で通行した為と説明板に書かれています。
f0116479_14473795.jpg

f0116479_14274349.jpg

f0116479_14285153.jpg

当初は温泉リゾート地で興を添える程度の出し物だった少女レビューは、やがて大きく発展し、「宝塚」の名は一躍全国に知られる事となります。その後の宝塚の繁栄は、温泉地としてよりも歌劇団の本拠地として多くの人を惹き付ける文化都市に比重を移していきます。
「宝塚歌劇文化を礎とした新たな宝塚文化の創造」の場として文化イベントや教室が開かれているこの旧校舎は、町の発展に歌劇団が果たした役割を伝える貴重な歴史遺産でもあります。
f0116479_14232098.jpg


by sunshine-works | 2010-05-05 15:28 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/13620648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧宝塚文芸図書館      旧橋本医院 >>