2010年 04月 23日
旧引田郵便局
香川県東かがわ市の近代建築その1

香川県の東端、徳島との県境に近い引田は、旧志度街道の宿場として栄えた町です。古い家並みが続くこの引田の中心部に、タイル張りの旧郵便局舎が残っています。現在は喫茶店として利用されているこの建物は昭和7年に建てられました。
f0116479_21412947.jpg

古い日本家屋が並ぶ旧道沿いに建つ、一際目を惹く洋風建物です。壁面に貼られた茶色のタイルや2階部分の八角窓、中央の半円形ペディメント等、当時流行の建築スタイルを採り入れたモダンな局舎です。
f0116479_21504659.jpg

f0116479_21354354.jpg

f0116479_2137816.jpg

f0116479_213634100.jpg

f0116479_21361573.jpg

昭和53年に移転の為閉鎖され、暫く放置されたままでしたが、改修を施し喫茶店として再生されています。
f0116479_21393728.jpg

f0116479_2139830.jpg

f0116479_21373953.jpg

この日は開店前で中を見る事が出来ませんでしたが、窓越しに内部のすばらしい意匠が伺えました。
f0116479_21375917.jpg

案内板によると、この建物の設計・施工は東京の松末組との表記があります。別の資料によると「あめりか屋」出身の松末某の設計ともありますが、何れにしても当時の先進意匠が盛り込まれた一級の地方郵便局舎です。
f0116479_21531884.jpg

f0116479_21383293.jpg

旧郵便局舎の活用例として、観光資源を兼ねた用途が各地で見られます。この様な雰囲気のある建物の持ち味が、最も活かされる使い方だと思います。
f0116479_21424063.jpg


by sunshine-works | 2010-04-23 23:18 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/13513346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧橋本医院      旧東洋紡績渕崎工場事務所 >>