2010年 03月 07日
宝塚ホテル 旧館
宝塚の近代建築その3

大都市近郊のリゾート都市として開発された宝塚は、発展に伴って多くの観光・娯楽施設が建てられて行きます。宝塚を代表する名門ホテル、宝塚ホテルは大正15年、古塚正治の設計で建てられました。
f0116479_10361041.jpg

明治43年、阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道が梅田・宝塚の間で開業します。従来の都市間鉄道と異なり、非都市部に向かって伸ばされたこの路線は、積極的な沿線開発によって乗客の創出を行うその後の郊外型私鉄の原型となりました。
同社を率いる小林一三は、イギリスの田園都市構想に範を採った宅地開発によって沿線人口の増大を図る一方で、武庫川の畔に位置する風光明媚な宝塚を温泉リゾート地として開発し、都市圏からの集客を図ります。それまで小さな寒村にすぎなかった宝塚には、やがて大温泉、劇場、遊技施設、近郊のゴルフ場等のレジャー施設が次々と整備されて行きます。
大阪の奥座敷として宝塚が変貌を遂げつつあった大正15年、阪急電鉄系列初のホテルとして宝塚南口駅前に開業したこのホテルは、やがて宝塚の文化と社交の中心としての役割を担って行きます。
*創業当時の逸話はこのサイトが参考となります。
f0116479_15283193.jpg

f0116479_15285047.jpg

f0116479_18335543.jpg

この時期、阪神間で多くの作品を手掛けた古塚正治を代表する建物です。最上部を飾る大きな三角ペディメントや瓦葺の切妻屋根を用いたクラシカルな雰囲気の中にアールデコ洋式を取り込んだ、優雅さとモダンを備えた意匠となっています。
f0116479_1833862.jpg

f0116479_18332179.jpg

f0116479_18365929.jpg

f0116479_23515325.jpg

f0116479_18341351.jpg

f0116479_1835525.jpg

f0116479_18353715.jpg

f0116479_18355484.jpg

f0116479_18361895.jpg

f0116479_1836377.jpg

太い列柱が並ぶ館内。
f0116479_22443535.jpg

f0116479_2245811.jpg

f0116479_22513929.jpg

f0116479_22455785.jpg

f0116479_22462652.jpg

都市近郊に花開いた阪神間モダニズムと呼ばれる文化を担った阪急グループの聖地がこの宝塚でした。
その後80年を経た今日、当時を伝える建物は僅かな数が残るだけとなってしまいましたが、この宝塚ホテル旧館に華やかなりし頃を偲ぶ事ができます。
f0116479_22552824.jpg


by sunshine-works | 2010-03-07 23:37 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/13038701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧甲浦村役場/旧福田村役場      旧土井内蔵邸(旧松本邸) >>