2010年 01月 12日
九鬼家住宅
三田の近代建築その2

三田藩の城下の面影を残す三田の市街地に、日本家屋に洋風意匠を施した建物が建っています。
この建物は、明治初期に鉄道技師として活躍した九鬼隆範の自邸として建てられました。九鬼隆範自らの設計により、明治8年頃に建てられました。
f0116479_2185627.jpg

純然たる和風家屋の1階にテラスを備えた洋風意匠の2階部分が重なります。
洋風を模した、あるいは和洋が入り交ざった様式というのが偽洋風建築の定義ですが、この建物は、和洋折衷様式と呼んだ方が適切な表現かもしれません。
f0116479_21123268.jpg

f0116479_21101580.jpg

f0116479_21113236.jpg

f0116479_21245595.jpg

2階の3方にバルコニーを設け、木製の手摺をぐるっと巡らせています。
下から見上げた際に良く目立つこの手摺は、建物を印象付ける重要なアクセントになっています。
f0116479_21134162.jpg

f0116479_21142345.jpg

f0116479_21154424.jpg

f0116479_21145552.jpg

f0116479_21161627.jpg

f0116479_21175271.jpg

f0116479_2117078.jpg

f0116479_21182836.jpg

f0116479_21191331.jpg

公開されている1階部分。典型的な町屋の造りです。
f0116479_21222866.jpg

f0116479_21235230.jpg

f0116479_21231581.jpg

明治初期に建てられた洋風住宅の中で、設計者が明らかで竣工時の図面や資料が残っている数少ない建物です。大阪や神戸でも洋式住宅が珍しかったこの時代に、これだけの建物を建てた三田の先取の気概を現わす象徴的な存在となっています。
f0116479_22464148.jpg


by sunshine-works | 2010-01-12 22:50 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/12652952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧内山下尋常高等小学校校舎      奥野家住宅(秋景楼) >>