2009年 12月 21日
おかやま旧日銀ホール<ルネスホール>(旧日本銀行岡山支店)
岡山県岡山市の近代建築その14

岡山駅から続く繁華街の東側、かつて岡山城の丸の内だった一帯は、明治以降、行政機関や文教施設の用地として開発されていきました。
大正11年、この一角に全国で15番目の支店として日本銀行岡山支店が建てられました。設計:長野宇平治
f0116479_22354119.jpg

この場所は、 前4回に亙って紹介した旧岡山医科大学の前身、岡山医学専門学校の校地でした。同校が市内鹿田町へ移転した跡地に鉄筋コンクリート一部煉瓦造、4本のジャイアントオーダーが正面を飾る重厚な建物が竣工します。
f0116479_22361665.jpg

長野宇平治が得意とする古典様式の銀行建築です。古代ギリシア神殿風の三角ペディメントと巨大なオーダー柱はこの建物の大きな特徴で、長野宇平治が設計した日銀支店で最もオーダー柱が際立った建物となっています。この、4本の柱が前面に並ぶスタイルは、後に手掛けた第六十八銀行奈良支店(南都銀行本店)にも受け継がれます。
f0116479_22374848.jpg

f0116479_22371170.jpg

コリント式の列柱が並ぶ正面ファサード。一抱え以上ある柱が聳え建つ迫力に圧倒されます。
f0116479_2239587.jpg

f0116479_2324198.jpg

f0116479_2303111.jpg

f0116479_22394953.jpg

f0116479_22403775.jpg

f0116479_22405992.jpg

f0116479_224141100.jpg

f0116479_22421083.jpg

f0116479_22431590.jpg

f0116479_22474936.jpg

正面の腰壁に廻らされた渦巻き模様。
f0116479_22425060.jpg


f0116479_2244242.jpg

柱頭を飾るアーカンサスの葉模様
f0116479_22531791.jpg

f0116479_22534331.jpg

f0116479_22482312.jpg

岡山の県内各地に残る戦前に建てられた銀行建築の中でも、規模と豪華さに於いて随一の建物です。赤煉瓦の建物から始まる日銀の建物の中で、最も古典様式の色彩が高まった時代の代表例と言える建物です。
f0116479_22465536.jpg


by sunshine-works | 2009-12-21 23:12 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/12530272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 岡山禁酒会館      旧岡山医科大学正門・門衛所 >>