2009年 12月 05日
播磨の近代建築 補遺④ ~水利~

播磨の近代建築 補遺④ 古来より、播磨地区は水利に苦心を重ねてきた歴史があります。明治以降もたらされた近代土木技術は、この地域に安定的な水の供給を確保し、生活や産業基盤を変革して行きました。
播磨の近代建築巡りの最終回は、水利に関連する近代土木遺産を紹介します。

***************************************

掌中橋

明治期に着工した淡河川・山田川疎水事業によって、播磨地区の農業水利は大きく改善されます。現在もこの疎水は地域の農業を支えていますが、竣工当時の設備の殆どは改修され、当時の姿を偲ぶ物は数例しか残っていません。

稲美町に残る同疎水の水路橋です。近年まで現用施設として使われていましたが、現在は保存施設として公開されています。
f0116479_20574081.jpg

f0116479_20532030.jpg

f0116479_20535444.jpg

f0116479_20542361.jpg

f0116479_2055285.jpg

f0116479_20553137.jpg

f0116479_205693.jpg

f0116479_20562745.jpg

f0116479_20564744.jpg

f0116479_2059408.jpg

f0116479_210163.jpg


***************************************

平木橋

加古川の市街地の程近くに移設されたこのアーチ橋は、現存する淡河川・山田川疎水の遺構としては最も大きな水路橋です。役目を終えた後を公園内で保存されています。
f0116479_2040422.jpg

f0116479_2041567.jpg

f0116479_20415952.jpg
f0116479_2043955.jpg

f0116479_204337100.jpg

f0116479_20441358.jpg

f0116479_20443823.jpg

f0116479_20451595.jpg

f0116479_20454355.jpg

f0116479_2046271.jpg

f0116479_2046491.jpg


***************************************

飾磨樋門

姫路市を流れる市川から分流する船場川の取水口となっている石造の樋門です。
f0116479_2113189.jpg

f0116479_2114291.jpg

f0116479_21142712.jpg

f0116479_21145896.jpg


***************************************

草木ダム堰堤


宍粟市にある農業ダム。この時代に築かれたダムに共通する石積の素朴な造りです。
f0116479_21262443.jpg

f0116479_2127127.jpg

f0116479_21273010.jpg

f0116479_21274912.jpg

f0116479_21281247.jpg

f0116479_21283180.jpg

f0116479_21292510.jpg

f0116479_21314221.jpg


***************************************

朝日町浄水場給水塔

高砂市朝日町に残る大正期の給水塔。鉄骨の給水塔でこの時代の物は僅かな例しかありません。
f0116479_22455648.jpg

f0116479_22471456.jpg

f0116479_22473245.jpg

f0116479_2248332.jpg

f0116479_22483359.jpg


by sunshine-works | 2009-12-05 23:02 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/12441145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 岡山大学医学部交友会サークル施...      播磨の近代建築 補遺③ ~工... >>