2009年 11月 27日
岡山大学医学部付属病院旧混合病棟(旧岡山医科大学産婦人科棟)
岡山県岡山市の近代建築その10

岡山大学は市内2ヶ所にキャンパスがありますが、医学部のある鹿田キャンパスは、前身の旧岡山医科大学時代からの90年に及ぶ長い歴史を持っています。この敷地の一角に、昭和初期に建てられた古い病棟が残っています。この建物は昭和6年に産婦人科病棟として建てられたものです。
f0116479_2061131.jpg

岡山藩医学校を起源とする現在の岡山大学医学部が、大正11年にこの場所に移転され、その後建てられた一連の建物のひとつです。当時の建物の中で、病棟として残る唯一の物です。
f0116479_2063413.jpg

当時としては高層の5階建ての大きな建物です。地域医療の先導的立場にある大学病院に相応しく、設備も建物も最先端の技術が用いられた事と思われます。
f0116479_2073228.jpg

病院なるが故に派手な装飾は施されていませんが、張出窓を配した東面と西面の意匠が建物全体を特徴付けています。
こちらは左右に張出部分がある東面。
f0116479_20101991.jpg

f0116479_2075837.jpg

f0116479_2081283.jpg

西面は張出部分が中央に1つ。
f0116479_20113923.jpg

f0116479_20115684.jpg

f0116479_20121165.jpg

側面は水平に庇のラインが続きます。
f0116479_20181231.jpg

f0116479_20182419.jpg

f0116479_20183752.jpg

f0116479_2018524.jpg

80年を経た建物ですが、各部とも、オリジナルの状態がよく保たれています。
f0116479_20205415.jpg

f0116479_20211194.jpg

f0116479_20212411.jpg

現在、この建物は医療施設ではなく、低層階を患者用の飲食店やサービス施設に、上層階は倉庫に使用しています。さすがに病棟や診療室の用途に無理があるのは致し方のない処でしょう。

建物内部も、昔そのものと言った雰囲気が残っています。
f0116479_2028203.jpg

f0116479_20283574.jpg

f0116479_20285145.jpg

f0116479_2029629.jpg

f0116479_20292147.jpg

f0116479_20293329.jpg
f0116479_20294287.jpg
f0116479_2029557.jpg

昭和・戦前の病院の風情がそのまま残されているこの建物ですが、残念ながら取り壊されてしまう様です。最近までこの建物の傍に建っていた、同時代の旧管理棟も解体されていますので、この特徴ある病棟もそろそろ見納めなのかも知れません。
f0116479_20444572.jpg


by sunshine-works | 2009-11-27 21:00 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/12392621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 播磨の近代建築 補遺③ ~工...      旧旭東幼稚園舎 >>